スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUSTYN RELAXED STRAIGHT LEG/7 for all mankind

セレブ系ジーンズ…
死語かと思えばそうでもなく。
ドン。
いいかんじです。
AUSTYN RELAXED STRAIGHT LEG/7 for all mankind
お色はCHESTER ROW。
7 for all mankindのジーンズです。


10年以上前のことでしょうか、
リーバイスは米国生産をとっとと捨てて、
訳分からんようになりまして、
かといって、
LANG?
んん~Denimeかなぁ~
でも、
そこまでしてジーンズ履かなくてもいいか、
という、
なんとなくポッカリ穴が開いたような、
アナタ的ジーンズ勢力図において、
突如と現れたセレブ系…

セレブ系といえば、
かつてpaperdenim&cloth⇒
をアップしとりますが、
このpaperdenim⇒
と7 for all mankindの出現は、
個人的には鮮烈な印象を持ってまして、
ただ当初の7といえば、
センタークリースが入っちゃったような、
微妙なブツばかりが先行流通し、
PaperdenimやYANUK⇒
あとは、
Earnest sewn⇒
あたりを愛用していたんですけど、
7 for all mankindのウォッシュかけたSTRAIGHTが、
何ともいい感じで購入。
オーソドックスなかんじです。
以来、
ジーンズといえば、
7 for all mankindのなかでも、
このAUSTYNを好んで着用してまして、
これまた定番のSTRAIGHTよりも若干太め、
とはいえ、
太すぎることなく、
リジッドであればこの季節の職場でも違和感なく、
というモデルで、
安心感があります。
しあがりよし。
そんなセブンも、
最近ではメヒコ製が目立つようになってまして、
拡販していくメーカーにありがちな道を歩んでしまうのか、
ひっそり注視しとります。

最近では、
裾幅が細めのジーンズをよく見かけますが、
デニムという生地のせいもあるのか、
靴との相性がどうも不安定に感じてしまって、
太めのタイプを選んでしまい、
ここでも世間に何となく遅れをとっているのでした。トホホ
ぬかりなく。


こちら⇒
相変わらず倍半分は違うんですよね。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。