スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pelikan No.1

安物なんですが。。。
ドン。
趣は深く。
ペリカンのNo.1。
ルイジ・コラーニデザインのボールペンでございます。



ルイジ・コラーニといえば、
どちらかといえば、
製品化に尻込みしそうな…
といっても、
FORDのKAみたいな車や、
キャノンの一眼レフの最高機種なT90と、
製品化するものもあるわけで、
そこでこのボールペンはというと、
ともすれば、
町のスーパーで売ってる1本100円の、
あるいは、
100均ショップで売ってる1本100円の、
という形容詞がお似合いな、
黒のプラスチックボディーなボールペン、
なんですが、
これがよくみると、
ペリカンのボールペンで、
もっとよくみると、
ルイジ・コラーニがデザインしたボールペンで、
となってくると、
突然見え方が変わってくる、
という代物です。
こくいんが…
↑消しても消えない刻印入り。

が、
見え方が変わってくるのは、
ホントはそんなんじゃ~なくって、
持った瞬間に分かります、
という持ち心地で、
ボディーの形状が△で、
△のボディーといえば、
ギャルが使うコレ⇒
LYRAのFERBYもそうなんですけど、
これが不思議と持ちやすい!

うぅ~ん、これが。
難点を挙げるとすれば、
リフィルが今ひとつということと、
脇のノックの動きが今ひとつということで、
下に出そうとするのに脇のノックで、
というところに無理があるわけで、
でも、
ノックが何で脇にあるのかといえば、
クリップ部分をペリカンの象徴、
ペリカンちゃんにするためと思われ…
↓これペリカン。
つたない…
と、
書き心地だったり、
ノックしにくかったりという、
ボールペンにしては、
どちらかといえば致命的な欠点があるコレは、
というわけで、
しばらく倉庫入りしていたんですけど、
クリップ部をペリカンちゃんにするために、
そんな致命的な欠点を具備することを許容したペリカンに、
ある意味、
脱帽しているわけで、
そんなおチャラけた姿勢に、
意外と賛同しています。


もともと手書きが多い方で、
書き心地重視でこんなボールペンを使ったり⇒
してきたりもしてますが、
最近、
小学生のギャルの影響というわけではありませんが?
特に意識的に紙のメモ⇒
に手書きで字を書くようにしていて、
そうなってくると、
コレ⇒
だけじゃぁ~ねぇ~と、
そういうなかで、
ロットリングのコア⇒
も使い出しているんですけど、
コアはとりあえずデカいので、
小さめのもの、
ということで、
ペリカンのコレ、
No.1が突如急浮上!
普段使いとして、
何本か持ち歩いているんですけど、
そのうちの一本の地位を、
しっかりと固めてているのです。

ペリカンのNo.1と検索すれば、
詳しい情報は巷に溢れとりますが、
既に廃版となって生産してないわけで、
発売当初に1000万本売れたといおうが、
恐らくは、
書き心地がそれ程いいわけでもなく、
ノックもしにくい、
そもそも1000円ソコソコという、
それなりなブツでして、
でもペリカンで、
でもコラーニで、
でもクリップはペリカンちゃんで、
というところで、
何とかやってきたブツと思われ、
でも、
そういう隙間的なブツが無くなる、
というのは、
それなりに寂しいもので。

コレを購入当時は、
白もあったと記憶してますが、
チープさ加減は特筆すべきもので、
今思えば白だったかなー
と多少後悔。

コラーニデザインといえば、
コンビニで売ってたA580ってのもありますが、
これはまたの機会にしておきまして、
そうそう、
ペリカンでNo.2ってのもあった記憶が蘇りますが、
大人気モデル?
だったNo.1の影に隠れ、
よりひっそりしていたため、
見たことありません。

入れ物は立派です。
まっと仕上げがすばらしい。

*リフィルがショボいと申しましたが、
パーカーのリフィルが使えまして、
交換以後、
ますますご活躍です。


LUIGI CORANI
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。