スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀ノ国屋のお年玉袋。

はじめて買ってみました。
ドン。
たまぶくろではなくて。
玉袋。

ではありませんで、
お年玉袋(10000円)。


お年が消えると、
若干微妙なお年玉袋ですが、
福袋のようなものでして、
そこそこ近所のスーパーでは、
月に一度、
アーリーバードセールという、
朝市をやってるんですけど、
毎年末、
朝市ではカニしゃぶ用のカニだの、
ブロック肉だのを調達するんですけど、
毎年気になりながら見送ってきたお年玉袋を、
昨年末、
ようやく思い切りました。

というのも、
ギャルにはギャルの野望がありまして、
くっきーです。

僕には僕の野望がありまして、
うまいす。

ヨメにはヨメの野望がありまして、
これがまたのうこうで。
ヨメの野望は、
通常350mlで1500円という、
手の届かなさ具合なところ、
10000円のお年玉袋に入っていると、
すっごくお得感があるという不思議。

と、
アナタ家の色々様々な野望に応えてます、
というお年玉袋なんです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。