スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山に行ってみた。

三十年以上ぶり、
だと思います。
ドン。
きもちよかったす。
高尾山に行ってきました。



都心から一時間!
というふれこみも、
家の場合は、
一度都心に出てから、
V字に戻るようにして、
行くことになるため、
一時間半はゆうにかかるという高尾山、
そして、
なぜだか分かりませんけど、
家から同じくらいの時間がかかる、
箱根や湘南の方に行くのと違って、
いま一つ高揚感に欠ける思いを抱きつつ、
とはいえ、
柄にもなく仕事が忙しかったため、
森林浴でもして、
リフレッシュをと思い立ち、
先日、
正確に言うと、
一ヶ月ほど前に、
小学校での遠足以来、
すっごく久しぶりに高尾山に行ってきました。

相変わらず何の準備も下調べもせず、
という現場主義を貫き?
そんなアナタ一家でも知っている、
ケーブルカーで、
上にのぼってみる。
これはたのしいわ。
ギャルはもちろん?
最前列に鎮座ましまし、
運転手のオネーサンに羨望のまなざしを送りつつ、
向かいから下りのケーブルカーが来たときには、
大興奮。
そしてタイミングよく、
「ただいま、ケーブルカーとしては、
日本最高傾斜の31.1度の坂を通過しております~」

のよどみのないアナウンスに、
僕は萌え。。。

清滝駅を降りてパッと目をひく、
高尾山さる園⇒
早速入園してみると、
意外に地味かも~
という印象だったのもつかの間、
飼育員のオジサマの話がはじまると、
これがなかなかで、
サルのあられもない姿を自分に照らしつつ…
いやされますなぁ。

サル社会に人間社会の縮図を想ひめぐらせながらも、
赤ちゃん猿の様に思わず微笑み。
なにみてんだろ。

その後、
「つり橋あるから、4号路で。」
と唯一具体的なプランがあった4号路は、
進入禁止らしく、
テンション相当下がり気味。
とりあえず、
消化試合的に高尾山の山頂まで上り、
だだっ広い山頂らしくない山頂に、
アナタ一家のテンション急降下。

清滝駅からケーブルカーで、
と脇をみると、
リフト乗り場がみえ、
「リフトに行ってみる?」
とリフトに。
したみるとこわい。
これで、
一気にテンション急上昇し?
帰路についたのでした。

相変わらず、
午後1時に高尾山に着くという、
不精具合だったため、
山頂より奥の方まで行けませんでしたが、
6号路とかは、
滝もあるようで、
次回はせめて、
午前中に着きたいと思ったのでした。


高尾山公式HP
スポンサーサイト
コメント

No title

あら、なんか空いてますね。
良かったですね^^

★chikaさま

紅葉の季節ちょっと前というタイミングもあり…
まだ空いてました。
いいのかわるいのかー
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。