スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難練習

近頃余念がありません。
ドン。
絵本は何だったっけか。
アナタ家内で避難練習。


こうなってくると、
何が起こっても、
大抵のことでは驚きませんが、
真っ暗になるとどうなるか位は、
試してみる価値ありと、
先週末に、
電気を全て消して、
生活してみました。

家のソコソコ近くにある住宅展示場では、
オール電化はほとんどキャンセルされる状態で…
という感じだそうで、
確かにお気持ち分かります。

家はコンベンショナルなタイプのマンションなので、
コンロはガスだし、
風呂も当然ガスで、
一応、
電気とガス使用ということにはなりますけど、
風呂は電気がなければ沸かせませんし、
そういう意味では、
コンロが使えるかどうか程度の差しかないとも思われ、
とはいえ、
ガスのラインが使えれば、
これは結構でかい問題になりえます。

あとは最早贅沢品の範疇で、
何かのときに使うということはまずない、
であろう床暖房もガス加熱ですけど、
これも電気がなければ起動しないという代物です。

ヨメの実家がある山形では、
先日の大地震の週末まで停電状態で、
電話での開口一番が、
「タンクレスのトイレはだめだず。」
後日手動レバーがあって使えることが分かったそうですけど、
普段んなこと考えませんし、
考える余裕もないし、
と若干パニック状態においては、
そんなことでも困ったり。

大抵のマンションは、
停電の時点で給水ポンプも停止する、
よって水道も使えなくなる可能性が高いので、
風呂の汲み置きは、
欠かさないことにしましたが、
現状問題ない程度に下がった放射能ですが、
今後まだまだ予断を許さない状況になってくると、
これが最良の選択なのか否かは、
若干迷うところです。

というわけで、
家での避難訓練結果としては、
ほぼ想定内の出来事を確認した、
という感じでした。

今回の地震は、
東京に限って言えば、
たかが?震度5強程度のものでしたけど、
その程度でもこれだけの混乱があったことを考えると、
準備するにこしたことはない、
ということを、
改めて、
身をもって、
痛感した次第。

静まりかえりました。
これ、
歩行者天国の銀座4丁目、
ではなくって、
地震直後の銀座4丁目付近。
通行人が、
車道に出て歩いているという、
異様な光景です。
震度5強でこの状況、
です。
ぎんざもすごかった。

で、
冒頭の画像ですが、
「絵本読んであげる。」
とギャルが懐中電灯で絵本を読み出し、
「暗くても絵本は読めるねぇ。よかった。」
「なんだか楽しいねぇ~。」

の図で、
緊張状態にあろうそういう状況下でも、
こういう気持ちは大切かと、
思ったわけです。
スポンサーサイト
コメント

改めて関西に住んでいると子供のころからあまり危機管理させておりませんで、、、反省ばかりです。
懐中電灯もクルクルまわすの。。。買おう。。。

それにしても最近のもの。
なんでも電気がいりすぎじゃないですか。。。
ガスの元栓が電気ないとダメって、、、、っていつもつっこみます。。。
便利になったのはありがたいけど、海外とかの冷たい便器もありだと思うし、ふたを開けたらなるほどと思うほど単純なあの構造もありと。。。
オール電化もどうかと。。。
最近何事にもぶつぶつ言っています。

★よよんさま

くるくる回すやつは、
とりあえず小さいタイプをお薦めしときます。
大きいヤツはクルクルに対する照射時間が
若干短いの。。。

こっちは地下鉄とか構内暗いんですけど、
目が疲れないし、
何となくモスクワの空港を、
いやいやNYの地下鉄を思いだし、
異国情緒に溢れているので、
新鮮です。
毎日が

おやりになっておいた方がいいです。
避難訓練。

うちはまさに計画停電実施地域で、
おまけに隣の地区は電気ついてるのに、
こちら側だけ毎回情け容赦なく切れるという
律儀っぷりで、すでに5回。

水道もダメ~
ガスもダメ~
毎回停電だけなのに
ライフラインがすべて切れた際の
避難訓練ができます。

ホントに暗いです、寒いです、
最初の30分はなんとか楽しめても
3時間は長いです。
魔法瓶仕様のポットにお湯を入れておくと
あったかいお茶が飲めるので、
これはホッとします。

★chikaさま

思えば…
停電ともなると、
家の中のみならず、
外も暗くなる、
⇒本当に真っ暗になる
んですねぇ…

家の避難練習の場合、
家の中はまぁ暗いんですけど、
周辺は若干明るいわけで、
本当の暗さは体験してませんでした。

地震から3週間、
微妙に防災意識が薄れかけてきてますが、
フンドシしめしめ、
備えたいと思う今朝。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。