スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWING A Model 30/LUNOR

いま、
最もヘビロテ中。
ドン。
ええかんじや。
SWING A Model 30/LUNOR
二本目です。


くどいですが、
目がめっぽう悪いため、
予備メガネが沢山ないと安心できない僕で、
それが、
ここ1~2ヶ月のうちに、
予備ばかりが二本立て続けに、
ブリッジ部分で真っ二つに折れたり、
ブリッジに近いリム部分が折れたりと、
予備用に購入した廉価なものは、
結局のところ、
そういうことなのかなぁ~と、
思い始めているところですが、
でも周囲には、
いわゆるスリープライスのものでも、
壊れなくって困ってる位、
という方も多いので、
僕の扱いが粗いんでしょうか?
粗いんでしょうね。

確かに、
予備でなかったメガネも、
折れたりするんですけどね…
僕の扱いが粗いんでしょうか?
粗いんでしょうね。。。

で、
これまで予備ばっかりアップしてきましたが⇒
予備じゃないやつを一本、
といっても、
個人的にはどれが予備で、
予備じゃなくてという線引きはとっても曖昧なんですけど、
というルノアなんですが、
比較的新しいドイツのメガネメーカーで、
こんな感じのものだったり、
折りたためたり、
テンプルが伸縮したりと、
若干変な、いやいや、
ジジ臭い、いやいや、
クラシックなメガネが盛りだくさん。

このメガネは二本目で、
一本目もSWING Aだったんですけど、
一本目は、
一度ブリッジ付近のリムが折れて修理し、
その後、
レンズのコーティングがボロボロになり、
「レンズを交換しても、
修理したリムが将来的にはまた折れる可能性が大きいので、
レンズ代が丸々無駄になるかもしれません。」

といわれ、
3年は使いましたが、
ではと二本目を購入したのでした。

SWING Aの特徴は、
なんといっても、
この一山式のノーズパッド。
ええかんじや。
上が固定式のブリッジで、
下がクルクル動く可動式になっていて、
かけると可動式のブリッジが鼻にのっかる、
という具合で、
鼻パッドがないタイプなんですけど、
この鼻パッドというのが、
オイリーなソコソコ世代には厄介な代物で、
なんとなく脂にまみれ、
場合によっては緑色に変色し、
なんともお見苦しいわけで、
そんなパッドがないSWING Aを店頭で初めてみたときの感動は、
今も忘れることができません。

一見すると、
何の変哲もない、
というよりも、
若干お爺ちゃんっぽいところが、
ドマンナカで、
こんなところだったり、
ええかんじや。
こんなところだったり、
ええかんじや。
に萌えてしまうわけです。

このSWING Aですが、
テンプルがほぼ直線のため、
テンプルの内側への若干のプレスと、
可動式のブリッジで、
ずり落ちないようになっていて、
特に可動式ブリッジがフィット感に貢献しているように思われ、
僕の場合は、
汗をかく夏場の時期でも、
ほとんど落ちることはありませんが、
顔がとっても細身の方や、
鼻がとっても低い方は、
ツライ場合もあると予想されますが、
でも、
そんな場合は、
テンプル曲げることもできるそうなので、
バッチリです。?

特製木箱に入れて、
おわたしです。
ええかんじや。

LUNOR
カタログがなかなか見応えあり、
です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。