スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MALVERN/EDWARD GREEN

茶系のフルブローグは、
コレ一足。
ドン。
まだまだおいしい。
MALVERN/EDWARD GREEN
色:DARK OAK
サイズ:8 1/2F
ラスト:69


ここ数年、
この手のオックスフォードを
履くような格好をしとりませんで、
せいぜいスーツのときに履く程度と、
トンとご無沙汰だったんですけど、
ソコソコなお年頃ともなりまして、
少々キレイ目に回帰しようと、
昨年あたりから、
とたんに、ヘビーローテとなりました⇒

仮にですが…
ヨメに今ある革靴を三足に減らせと厳命されたら、
タイプとしては、
黒のプレーン、
茶のフルグローブ、
黒のチャッカ、
になると予想するのですが、
これって、
思えば所有するEDWARD GREENの三足に一致するわけで、
個人的には良い選択してきたと、
実感するところです。

たわやかな丸み。
特段の構いなくガシガシ履いてきましたが、
うまい具合に、
ほとんど傷がつくことなく。
名作ラストといえば202だよねぇ~
といわれはじめたのはいつのことやら、
というなか、
69ラストというマイナーラストは、
カントリーラインなのですが、
それほどボッテリということもなく、
使いまわしの良いボリューム感。

ほどよい感じです。
トゥにかけての多少先細り感が、
唯一不安定というのか、
落ち着きのない感じがしますが、
それ以外は、
どっしりと安定感のある形。

つきひのながれを感じます。
ヒールの釘は、太め。
潰れてさらに太くなりました。

ぼろぼろです。。。
うっすら残る、
“MADE IN ENGLAND”の文字。
元々小さくて浅い刻印、
履いてるうちに、
“AND”以外は、
ほとんど見えなくなりました…

これぐらいがちょうどよい。
適度に絞られたウエスト。

履き始めて15年以上は経つという、
学生時代のスーツ用に購入した、
個人的には最初に近い革靴の一足で、
堂々の?5000番台ですが、
エドワードグリーンといえば、
華奢かといえばそうでもなく、
まだまだ艶もあって、
現役です。
バーガンディーのクリームを使ってきたからか、
多少赤みがかってきたような?


EDWARD GREEN
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。