スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽根木公園すげー

楽しかったです。
ドン。
いいところでした。
羽根木公園に行ってきました。
とにかく感動。


恐らく15年ぶり位に、
羽根木公園に行ってきました。
羽根木公園といえば、
梅の花ですが、
プレーパークという、
NPO法人プレーパークせたがや⇒
が運営する、
より自然に近い形態の公園というべきか、
廃材だとかロープを多用した遊具が設営され、
そこいらにある材料や道具をつかって、
思い思いのモノを作ったり、
という公園の一形態で、
欧州では50年代から徐々に広がり、
日本では1979年に、
この羽根木公園にできたのが最初、
ということだそうで。

アナタ家のソコソコ近所には、
そんなプレーパークが二つあって、
その一つが、
こちらの羽根木公園にあるプレーパークです、
って、
プレーパークの存在自体、
ギャルが誕生してから知ったような次第で、
そんなプレーパークを、
行政が導入したことも、
それを長期にわたって助成しているってことにも、
素直にスゲーと思います。

羽根木公園がある梅が丘といえば、
15~20年前あたりは、
かなり頻繁に来ていた場所で、
当時といえば、
なんといっても、
駅前のケーキ屋アルパジョンと、
美登利寿司で、
いやー
アルパジョンといえば、
この辺では低価格かつ美味という、
地元密着型の超有名店で、
世田谷通り沿いのVOILAとともに、
ヨメとよく食ったよねーと、
感慨もひとしお。

ギャルの手前、
アルパジョンでケーキは購入しませんでしたが、
まだあることに感動したのでした。


と、
それはおいといて、
羽根木公園ですが、
相当頻繁に梅が丘にいた割には、
ほとんど行ったことがなかったんですけど、
改めて行ってみると、
結構広いことにビックリ。
ランニングコースでもあります。
こんな通りを抜けると、
そこにあるのが、
プレーパーク。
結構混んでます。
おぉ~鬱蒼としてるわ。
日当たり少な目。

せっかくなので、
ベーゴマなぞをまわしてみたりして、
ざっと30年ぶりと思われるベーゴマを、
ギュギュっと回して、
面目躍如?
まわってよかった。
と、
どちらかというと、
ギャルをほっぽらかしにしつつ、
遊具でひとしきり遊んでいると、
ヨメとギャルが、
焚き木をはじめ…
「なんで焚き木を?」
「いや、みんな燃やしてるから…」
「焼くものあったっけ?」
「・・・」
ようは、
とりあえず燃やしたかったようで、
ではと焚き木に参戦、
もちろん固形燃料などあるわけもなく、
地道に火をおこし…
もえてよかった。

周囲をみると、
焼きソバとかソーセージとか持ってきてて、
当然そんな用意はなく、
焼くもの焼くもの…
とカバンをみると、
さっき買ったパンがある!
と焼いてみる。
これきっしゅ。
べーぐるもやいてみる。
めんたいこのパン。

場内、
小学生がもりもり遊んでて、
すげー
うようよいるよ。
日本の将来も大丈夫だと、
漠然とした希望を感じた週末、
だったのでした。

そして帰り。
アルパジョンは混雑。
あいかわらずこんでる。
昔は二席位食えるところがあった気がするんだけどな。

というわけで、
自らがコミットしないと成立しない遊び場ゆえ、
お金で済まそう系のオカーサマ、オトーサマには、
オススメできませんが?
一度コミットしてしまえば、
これほど楽しい場所はない、
羽根木公園でした。


アルパジョン
もはや名店。

VOILA
こちらも名店。

美登利寿司
いまやフタコでも食えるようになりました、
という若干のうそ臭さ?

羽根木公園
公園内の駐車場は台数が少なく、
休日はちとツライかと。
でも、梅が丘駅周辺に、
コインパーキング多数有りです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。