スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八達嶺長城(万里長城)

仕事の合間に?
ドン。
このときすでに汗だく。
八達嶺長城(万里長城)
下の方にバスが見えますが、
それくらいの標高差、
とご理解頂ければ。

デジカメを忘れたことに気がついた羽田空港国際線ロビー、
アイフォンでの撮影を覚悟した羽田空港国際線ロビー。。。
アイフォン画像でお届けいたします。


万里の長城のなかでは、
最も観光地化された、
八達嶺長城ですが、
この上まで登っていくんですけど、
きもちが折れ気味。
若干傾斜しつつの上り坂は、
迫力満点。
それでも結構気持ちはもりあがり…
坂の勾配具合はこんな感じ。
おじさまもがんばる。
あるいはこんな感じ、
冷静にみてはいけないものもある。
のため、
あくまで仕事の合間だったので、
当初はケーブルカーで上まで…
と計画していたところ、
ケーブルカーは故障中で、
そして、
あくまで仕事の合間だったので、
靴はこんな感じで⇒
いちおう仕事ですから。
軽い後悔だったんですけど、
上までいけば、
やっぱり相当感動するわけで。
そうかいでありんした。
上から下への眺めだったり、
八達嶺長城の二つあるうちの、
反対側の眺めは、
アイフォン画像でもある程度は、
分かろうというもので。
おぉ~というしかない。
すばらしい。

下のお土産屋では、
ギャル用にこんな帽子を購入したのでした。
ちゃちいといえばちゃちい。
なぜかチベットの帽子?
120元といわれたところ、30元。
同行した中国人ギャルには、
「余り買ったことないですが、まぁまぁね。」
といわれました。
そうか、もう少し頑張れたのか。

ギャルには、
「お姫様の洋服。」
というミッションを与えられた僕。
この前は、
ピンクのチャイナドレスを買って帰ったところ、
ヒラヒラがついてないため、
シルク製だったんだけどな…
というのは全く関係ないわけで、
ギャル的には意気消沈でしたが、
この帽子には大喜び。
こういうのって、
値段ではないのよね。トホホ
スポンサーサイト
コメント

艾呀~!
現在哥哥成了真的好漢呀!

やっぱりケーブル説は本当なのね。
次回はぜひ、左側へどうぞー

行き止まりで、「長城に登ったよ証明書」は購入しましたかー?
もしくは「the great wall of China」T-シャツ、通称(?)グレウォーT。

★おねえさま

こんにちは。
そんなTシャツがあったなんて。
上ったのは左側の方だったんですけど、
右側の方に上ればあったのかな。。。
やっぱり両方上っておけば…
むりむり。
気になってきました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。