スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FORESIGHT/新潮社

一番長く定期購読していた雑誌です(親が)。
ドン。
おしい。
FORESIGHT
2010年4月最終号(多分)
/新潮社

読みかすオコボレを、
僕が頂戴していたというわけで…


一応。
休刊とのことでなんですが、
雑誌業界、
はたまた飲食業界において、
休刊、改装による休業は、
すなわち廃刊、閉店。

この雑誌は、
書店店頭に並ぶものではなく、
定期購読を申し込んで郵送してもらう、
という販売形式をとった雑誌で、
その内容、販売形式含め、
稀有な存在ではなかったでしょうか。
というよりも、
廃刊するくらいなので、
そもそも、
何もかもが稀有なもの、
だったのかも。

毎号毎号、
表紙を飾るのは、
マグナムの方々だったりして、
久保田氏⇒
の写真に触れられたのも、
フォーサイトのおかげだったりして、
中身を読むのは気が重いところ、
表紙を特に?
楽しみにしてました。

廃刊の理由は⇒
たぶんにもれず
不景気だったりするのですが、
インターネット普及による月刊誌の役割の変化、
というのもあったりして、
確かに、
インターネットをみれば、
サラリーマンのランチ談義的情報は幾らでも入手できるわけで、
電車の中吊ですっかり読書欲を満喫する僕がいたりもして、
はたまた、
政治家に国民につぶやきましょうという、
なにやら生臭い人々や、
そんな人々にほいほいと、
政治家がツブヤキを垂れ流し、
国会に遅れる時代において、
やはり、
わざわざ紙に印刷し、製本し、
そして世間に垂れ流すという、
これまで当たり前のように行われてきた、
一つの形式的、儀式的ともいえる工程が、
とても愛おしい、
と思ったりするこの頃です。

新聞・放送各社のトホホを思うたびに、
重ね重ね残念な廃刊、
なのでありました。。。
ま、
オコボレもらってた僕がいうのも、
なんですけどね、エヘ


FORESIGHT
残念である。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。