スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャケット/VERSUS

あぁ、そうですか。
ヴェルサーチが日本撤退ですか…⇒
ドン。
かっちょえー
一つボタンの憎いヤツ(夕刊フジ風に)。
ジャケット/VERSUS
もう着れね~
という、
懐かしの服シリーズでも、
久しぶりに。


不景気風がブーブー吹きすさぶなか、
中目黒のグレイスは閉店し⇒
あのブランドは銀座出店を取りやめて、
同じく銀座でも、
ユニクロは売り場面積を広げて+J祭り⇒
そんななか、
ヴェルサーチが日本から完全撤退、
とのことで、
いまや困る人といえば、
サッチーやSHINJO程度らしいので、
致し方なしと言うべきか。

個人的には、
青山にあった路面店が忘れられないところですが、
好む好まないにかかわらず、
とにかく、
ジャンニ・ヴェルサーチは、
スゴイ世界でしたが、
VOGUEからヴェルサーチの広告が
完全になくなるのかと思うと、
寂しい気持ちでイッパイです。

さて、
懐かしのシリーズといえば、
もはやヴェルサーチは欠かせない存在ですが⇒
こちらは、
ヴェルサーチのカジュアル担当?
VERSUSのジャケットです。

かっちょえー
ラペル幅は中庸なんですけど、
ゴージが低すぎて、
小泉元首相のよう。
当時は、
売ってるスーツの大半がこんな感じだったので、
それほど違和感はなく、
濃いグレー系のパンツと合わせて、
仕事着としても着てました。

かっちょえーっていうしかないよね。
ウール70%,ポリアミド23%,ビスコース7%という生地は、
ベージュをベースに、
グレー、白、ピンク、オレンジ、
といった多色が混ざった起毛仕様で、
お気に入りのポイント、
でした。。。

しびれるわ。
VERSUSラインといえども、
製造工場は、
VERSACEといえばな、
ITTIERRE S.p.A製。
手抜きをしない、
素晴らしい縫製です。

ヴェルサーチといえば、
ビジネスラインのV2ってのもあった、
と記憶してますが、
どうしたでしょうね。
気になるところですが、
VERSACE本体が撤退なので、
V2どころの騒ぎじゃありません。

というわけで、
いよいよ、
若干怪しげな?並行輸入屋、
アメ横でしか遭遇できなくなってしまう、
VERSACE。
一時期、
川崎の新城ってところに住んでいたとき、
商店街アーケード入口中ほどのお店にあり、
ついぞ売れることのなかった、
一体、”A”は何の”A”だという、
“A.VERSACE”
のバッタもんジャージの立ち位置は、
ヴェルサーチがなくなる今となっては、
独自性溢れる一大ブランドに昇格するのか。
これも気になっているところです。



VERSACE
中国にて、
着々オープン中。

ITTIERRE S.p.A
VERSACEはもちろんのこと、
FERREをはじめ、exteとシブ線まで。
さすがです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。