スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロンみつとイチゴみつ/蛇の目ソース本舗 廣田本店

家カキ氷を一味かえる逸品です。
って時期遅れ。
ドン。
うまいのよねぇ~。
メロンみつとイチゴみつ。
京都の老舗 蛇の目ソース本舗 廣田本店謹製。

ウマウマ~


先々週末は、
多摩川の花火大会でしたが、
今年は現地で、
なんて思っていたんですけど、
なにやらスッゴイ立派なウナギを頂きまして、
「ウナギでも食いながら観る?」
「食べるし観るし。」
結局、
妹親子を呼んで、
バルコニーにて鑑賞。
うっすらとね。
もらいもののウナギのほか、
ホットプレートを出して、
ソーセージ焼いたり、
焼きソバを焼いたりと、
花火を鑑賞というよりは、
食いに没頭系。

そして、食のメインイベントは、
なんといっても、
カキ氷。?
神聖な儀式のようですが…
なんだか神聖な儀式やってるみたいですけど、
カキ氷作ってるだけですから。
メイとギャルが頑張ります。

ギャル。
昨年だったか、
近所の公園に車で来ている
露店で食ったかき氷にハマって以来、
部屋でも風呂でもバルコニーでも、
カキ氷屋さんゴッコ一色。

それを見たヨメが、
何を思ったか、
電動カキ氷機を買ってきまして、
それと一緒に、
近所のスーパーで購入してきた、
メロンみつとイチゴみつ。

パッケージによれば、
合成着色料は一切使用せず、
紅花黄といった天然着色料を使用。
氷砂糖も厳選したものを使用、
とのこと。
ヨメ的には、
そんなフレコミにイチコロなわけですが、
これが相当美味いです。

通常、イチゴもメロンも、
相当色艶の美しいシロップが思い浮かびますが、
そこは天然着色料というだけあって、
淡い、そしてシブイ色合い。
メロンみつの方は、
一見抹茶っぽい色合いです。

で、いずれも天然果汁3%ということで、
他は一体ナンなんだ、
という思いは横に置いといて、
恐らくは厳選された?
氷砂糖が美味いのか、
甘味が非常に味わい深いです。

家で作るかき氷が、
一段と美味く感じます。

電動カキ氷機の性能が
イマヒトツのため、
フカフカとしたカキ氷の
舌触りは楽しめませんが、
コレは美味しい。

コドモの頃の遠い記憶を辿ると、
カキ氷用のシロップとしては、
明治屋のモノが有名だったかと。
いまも明治屋のシロップは有名ですが、
明治屋のものよりも、
味が自然に近い、
という感じの、
メロンみつとイチゴみつ。
アナタの無駄メモリーに、
蛇の目本舗は刻まれました。

これまでカキ氷に
それ程の興味がなかったこともあって、
全く知りませんでしたけど、
蛇の目本舗、
京都の老舗のようです。

一本420円也。
高いけど。。。

蛇の目ソース本舗 廣田本店
通販可能です。

ところで花火大会ですが、
離れたところで花火みるのも、
案外と良かったりするんですけど、
多摩川方面は静まり、
「一旦休憩かね。」
「そうかも。」

・・・・・・

「「終わった?」
「終わったのかなぁ?」
「向こうのみなさんは、片付けはじめてるね…。」
いつ終わったのかが、
イマヒトツ分からない、
強いていえば、
この辺が不便なところです。

花火師の方々にお願いしたいのは、
「これでオシマイ。」
ってメッセージを、
花火でやって頂けませんでしょうか。

それともう一つお願いが。
できれば1時間半位、
やってもらえませんでしょうか。
焼きソバ作って食うには、
短すぎるので。


多摩川の花火
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。