スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトも絶好調。

今年は食えるものを…
ドン。
もっさもさ。
トマトも植えました。

これまで、
数々のオサレ花を枯らせてきた、
アナタ家ですが⇒とかね・・・
今年のテーマは食い物!

トマトにシソにバジルにと。
この組合せから将来を想像するには、
多分スパゲッチーになっていくと思います。
枯れる前に摘む、
枯れる前に食う、
これでいこうかと。


それにしても、
当初はこんなだったトマトも、
かわいかった・・・
もえらい密集具合になりまして、
シソは食えるので⇒
食って選定しとりましすが、
トマトは葉っぱを食うわけにもいかず、
モノの本によれば、
「少なくとも5cm間隔で植えること」
とあり、
全てをいかすためには、
軽く50m程度のコンテナが必要になるという…
困っています。

ところで。
店で購入した野菜の類を余らせて、
土にうめて育てたことがある方、
いらっしゃいますでしょうか。
あれって、
植えて育っても、
実がならないんですよね。。。
という話を
ヨメが幼稚園ママ友から、
聞いてまいりまして…

店頭で販売される野菜、
園芸ショップで売られる苗、種。
その大半は、
「一代交配種」
と呼ばれるもので、
要は、
耐候性があって、
害虫に強くて、
実がでっかくなって、
見栄えがよくって、
あわよくば美味くって、
といった人間の煩悩を、
バイオテクノロジー的に設計した種、
昔ながらの品種改良に比べて、
より工業的なモノ、
なんだそうで。

「種」がないブドウはその典型例でしょうか。
「種」業者にしてみれば、
「種」を一度売って、
できた野菜の種でまた野菜ができたら、
商売あがったりなわけで、
「種なし」
「次世代には実がならない」的な設計することができるという、
そうまさに設計という言葉がシックリくる、
一代交配種(F1)、
がこの世の大半であるということに、
最近気がつきました。

そういえば、ですけど。
ゴルゴ知識によれば、
国家的に原種、在来種、固有種?
を保存しているところもあったような。

農業も減反の一方では、
工業化の一途を辿っているわけで、
手間をかけず、効率的に大量の野菜が
収穫できれば、
それにこしたことはなく、
そういう一代交配種は、
これまた、
多量の肥料を使わないことには
育たないようになってたりして、
種業界と肥料業界と、
いい感じのアミーゴ状態。

そして、
工業的要因と、野菜の味とは
相反する性状らしく、
そうすると、
工業的要因を優先すれば、
野菜をうまくするには、
化学調味料が必要になるという、
風が吹けば桶屋が儲かる、
アミーゴ構造。
という良い感じであることが、
薄々とですが分かってきました。


みんな、
手に手を取り合って、
助け合っているんですね。
互譲の精神こそ、
日本の美学ですから。
でも、
いつ自分がどのように互譲しているか、
知りたいとも思うこの頃、
なのでした。


お願いしましたよ⇒
スポンサーサイト
コメント

ニイサン…
ここは心を鬼にして、はやく間引かないと、
雨は降るわ、
風通しわるいわ、
で病気になる確率があがりますよー。

息苦しそうです!
はやくスペースをトマトに!

F1,怖いねえ…
でも食べてる野菜のほとんどはコレなのかとおもうと…
夜も眠れない。




家庭菜園・・・

花にはあまり関心がないので(汗)、もっぱら興味が湧くのはこのあたり。
私も多少の自給自足は心掛けたいところ。
でも、虫が出るとイヤだな・・・
こちらは、プチトマトですか?

うちも~

食べられるものしか育ててなくて、今はプチトマト、バジル、ローズマリー、ミントです。
トマトは赤くなってきましたよー。
ものすごく背が高くなってきて大変です。

ミントだけすごくアブラムシがついてしまってダメなんですけど・・・・なんでだろ。虫嫌い~。

★sunny姐

こんばんは。
まったく息苦しそうでしたね。
家には50m分のコンテナを置くスペースは
当然のことながら、ありませんので、
多少の犠牲をはらいつつ、
先週末に、
めでたく間引きました。
あとは、実がなるのを待つだけ?

★Nobさま

こんばんは。
虫、でますね。
ほんと、どこから出てきたんだ、
位な勢いで出てくるんですよねぇ~
不思議です。
そんなときは、
カダンセーフがあるから大丈夫。?

プチトマトができる予定です。

★star-mmさま

こんばんは。
野菜育ててるなんて、意外だ~(失礼)
トマト、育ってるんですね。
実家のトマトもスゴイんですけどね、
家のはまだまだです…
家にはやっぱり何かが宿っているのかも。?

starさんのところの場合は、
スパゲッチーとハーブティーでしょうかね。
一食ういた!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。