スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEASONS OF LOVE~STEVIE最後の名作 にならないでね。

RENTってミュージカルをご存知でしょうか。
ドン。
いやぁ~名作っ!
RENTで歌われる曲が収録されたCD。
二枚組。
RENTが、プッチーニ『ラ・ボエーム』の現代版、
という超かいつまんだ断片的なことしか知りません。

ミュージカルから縁遠い理系男子です。
そう、ミュージカルといえば、TOQビジョンで絶賛宣伝中な、
鹿鳴館、キャッツ、contact、そしてマッスルミュージカル、
くらいしか、思い浮かびません…

じゃぁ、何でそんなミュージカルRENTのCDを持ってるのか。
それは、STEVIE WONDER最後の名演が入ってるからです。
それが、”SEASONS OF LOVE”。


クリスマスの季節なので、チョイとそれっぽい曲です。

もう出だしからタマランです。
オルガンとStevieのハーモニカから、
Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes,
Five hundred twenty-five thousand six hundred moments so dear,
Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes,
How do you measure, measure a year ?
の大合唱ぅ~♪

直訳すれば、
「525600分~
525600回の愛しい瞬間ん~
525600分~
どぉ~やって一年を計ることができるっちゅ~のよ~?」
とまぁ、こんな感じでしょうか。

その後、Stevieのハイトーンなソロ。
アップなテンポが幸いしてか、心地よい熱唱。
やればできるぞ、Stevie。
スゴイ、超興奮。


もう、ホント。
Stevieのボーカルがスッゴク良いです。
あの声が存分に生かされてます。

そこに、RENT出演メンバーの絶妙なからみ。
ライブ感に溢れてます。

80年代以降のStevieは、
「今年の歌合戦っ、最後の最後はこの方しかおりませんっ。
大いに歌って頂きましょう。歌い上げてもらいましょう。」
な、トリの一曲的な演歌系となり…

それでも、次こそはと思いつつ買ってきたStevieのCD。
発売の度に騙され続けてきたわけですが、
しかし、このRENTのこの曲はスゴイ。
失敗したCD10枚分位は、取り戻した感じです。


ラジオでこの曲を最初に聴いた時の衝撃は忘れられません。
もうこの一曲のために、二枚組のCDを買いました。

それともう一つ。
このCDの2枚目の1曲目はStevie無しな
“SEASONS OF LOVE”
が収録されてます。
改めて、Stevieの偉大さが分かります。

頑張れ、Stevie Wonder。
70年代のソウルを思い出してケロ。
ヨロピコ。


役に立たないリンク集
STEVIE WONDER⇒
RENT⇒
 視聴できます。
 しかも、RENTの詳細が記載されてます。
 ちなみに、他にも良い曲が沢山収録されています。

ついでに…
マッスルミュージカル⇒
  どうも、あいだに入るヒップホップっぽい踊りと、
  トランポリンとか飛び箱の演技をやってる脇で、演技が成功すると
  喜んでる人々が、とっても気になってしまうのです。。。
  いや、良い人達なのだと思うのですが。
TOQビジョン⇒
  ワタクシ、口を酸っぱくしながら宣伝してます、TOQビジョン。
  BERITZのCMもついつい一生懸命見てしまいます…
  油断すると、一緒に発音してしまいそう。
そしてやっぱし劇団四季⇒
スポンサーサイト
コメント

「やればできるぞ、Stevie」って!!!
最近はお年を召されたようで。
私はどうもリトル・スティーヴィーのが好きです。
“Contract On Love”なんてたまりません。
ちびのくせにバックコーラスはテンプテーションズだとか。本当かどうか。
でも、高音が最高な一曲でしゅ。

私の場合・・・

被害?は、2,3枚でした。
それよりも、ハービーさんの方が、被害甚大・・・。
これは、大丈夫なんですね!
でも、1曲の為に2枚組はちょっと決心が要りますね・・・。
どうしようかなー 

大好き~

この1曲のためにミュージカル、観てきました。
以前、アナタさんに教えてもらってからこのスティービーバージョンが聴いてみたくてウズウズしてます。
クリスマスプレゼントに買っちゃおうかな。私に。

★キキさま

60年代、しかもはじめの頃のですよねぇ~
バック・コーラスはテンプで間違えないっす。
でも、僕、正直なところ苦手なんです。。。

テンプテーションといえば、
Papa was a rolling stones!
大好きー

★Nobさま。

たった2~3枚で済んだんですか。
羨ますぃ~
というか、STEVIE愛が足りませんっ!
10枚騙されて、初めてSTEVIE愛を語れるんですから。トホホ

で、まずは視聴から。

★akuakugogoさま

おやま!
この曲、お好き?
嬉しいなぁ~

この1曲のためにミュージカルにいったakuakuさんなら、軽ぅ~くCDもいっとこう。

皆さんのSteavie Wonder評

てっっ手厳しい~(笑)。
私など、80年代以降もいいなあと思って、
のほほんとしております。まだまだですね。
それと、私には、スティーヴィーが、
いつか後ろにひっくり返らないかの方が心配です。
そういえば、もうすぐわが国にやって来ますね。

★kazuさま

> てっっ手厳しい~(笑)。

ブハハ、オモロイ。
そうそう、期待が大きいだけに、手厳しいのですっ!

STEVIE、ヒックリかえってもいいように、ピアノの椅子の後ろに座布団かなにかひいといてあげて下さい。
お願いしましたよ。

RENT

去年、このミュージカルが映画になったんですよね。 私は最近観たところですが、やっぱり例の↑の一曲から映画スターとです。
ミュージカル、たまに「これなら、いける!!ミュージカルも偏見を持たずに観よう!」って思えるものもあるけど、どちらかというと苦手。
ミュージカル形式の映画も、ちょっと相性が危険。 
ってことで、この映画も・・・。 サントラを聴く方が楽しめるかもと思っていたところでした。

今年もそろそろお終い。
アナタさんは、ブログもおうちも引越しで心機一転の年でしたね!?
2007年もよい年になりますように!!

★有閑マダムさま

アハ。僕もミュージカル苦手です。
非日常すぎるというか…
好みの問題だと思いますけど。
というわけで、そんなマダムさんは、CDでお楽しみ頂くのがよいかと。

ホント、今年はブログに家にと引越ししまして。
来年はどうなるでしょう。
来年も、宜しくお願いしますー
と、去年も同じこと言ってましたね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。