スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家具屋をポタリング(第二回)。~本棚とかパソコン机とか~

そこそこご近所、
家具屋をポタリング。
ドン。
どうしよ、ホント。
家のオヒトリサマ用ソファー。
SIESTA。
本件とは関係ないんですけど、
画像がないと気分でないし。
第一回はこちら⇒


GOOD NEWS自由が丘を出たアナタ一家は、
次なる家具屋、
モブラーノモトへ
家のダイニングテーブル⇒
は、ココで購入したのでした。

近日中に、
ショールームが閉鎖するらしく、
店内家具は
ヤブレカブレな超激安価格に!
「なんで、お知らせが無かったんですかああぁ?」
「今回、お知らせを出さなかったので、
店の前を通る方だけが対象のセール、だったんです。」

うぅぅう~

SKOVBYのテーブルが
若干傷有りで31500円!
傷無しのオーク材で
17.8万(これでもソコソコ安)だったので、
「傷に目をつぶれば…ねぇ。」
あぁあぁ、テーブルは要らないんだった。

うわ、
FLEXAの二段ベッドが5万円!?
「半額以下だよぉ~、どうするどうする?」
と話していたら、
「ベッド~欲しい。」
とギャルも煽る。
「それ売り切れました。」
「おぉ~やっぱりねぇ。。。」
あやうく不要な二段ベッドを買いかけて、
本来の目的を忘れて、
ついでに我も忘れかけて、
結局、
ヨメがファブリックを購入し、
僕はテーブル用ソープを購入、
全く予定になかったものを購入するという…

「そうですか…残念です。」
とひとしきりお話して次の店に。
因みに、
メンテは相変わらずココで受け付けていて、
ショールーム機能だけがしばらく休止と聞き、
ほっと一安心。

このお店。
カタログ雑誌に出ているような、
いかにも北欧な、
デザイナーのモノ比率が少なく、
腕のよい工場のモノが結構おいてあって、
かつ、
それを間近で見ることができるという、
得がたいお店だっただけに、
非常に惜しいです。
この手の家具屋は、
もはや、大塚家具ぐらいか?

そうそう、
画像SIESTAですけど、
こちらで家のハイバックタイプのほか、
ローバックも15万とお買得。

D&DEPARTMENT。
ババチャリで来ている人なぞ、
皆無と思われる、
オサレな客層にタジタジ…
ココは、
ヨメが妊婦時代の散歩のときに発見、
って、もう4年前のことか…
「カフェは、、、エライま◎かった。」
「地球は、、、あおかった。」
「家具は、、、分かりやすくて◎れる。」

という名言を残し、
以来一度行ったっきり、
行くことはなかったんですけど。

不便な場所にも関わらず、
カフェも二階の売場も結構な人人人。
昔は1階の奥に本が置いてありましたけど、
1階はカフェのみとなりました。

家具は
カリモク60をはじめ、
とある年代のテイストに集中、
まさにオサレなカフェーに
置いていそうなモノばかり。?
そこに、
むかし小学校にあったような備品系家具や、
無印の廃版となった家具類が
一緒に置かれている、
という感じでしょうか。
昔シモキタにあったよねぇ~的な品揃えを、
よりよい材質で作ってみました風。

そして、
服飾もあったりして、
やっぱり、
ギャルソンのシャツや、
ギャルソン×SPPEDOのTシャツ、
FREITAG⇒
のバッグだったりと、
予想を裏切らない展開だったのでした。

とはいっても、
モノの良し悪しはさておいて、
センスでここまでやれるというのは、
単純にスゴイことだよね、
と確認しあい、
店を後にしたのでした。


天童木工PLY
なぜココにあるんだろう…
見るたびに思う天童木工PLY。
ココの近くにある鶏肉屋の、
ハムカツ(チーズ入り)が、
滅法ウマイのですが、
ヨメの出身が山形だけに、
何かを購入しようという場合、
いつも気になる天童木工です。

天童木工といえば、
ペリアンチェアに、
バタフライスツールにと、
使えそうで使えない、こともない
プロダクトが魅力的。

毎度のこととはいえ、
「これ良いよねぇ~」
と言いながら、
購入には至らないという、
何かがあります。
家とは相性悪いのか何なのか。
お向かいの、
お宅の不要なモノをかき集めますな、
「くらしのくら」
の方が何故だか楽しい。。。
アラビアの食器があったりして、
それがチェックしてると、
いつの間にか売れてなくなるという、
侮れない店なのです(ヨメ談)。


というわけで、
結局まだ見つかっていません。
続編あるか?
もういいか。


D&DEPARTMENT

カリモク60
昔、バーチャンの家にあった
ソファーが新品で買えます。

くらしのくら
穴場。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。