スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MINI-MIKADO/LOQ社

すっごく盛り上がる!
ドン。
はまります。
MINI-MIKADO(ミニミカド)。
ドイツのLOQ社(ローカイ)製。


って、ツマヨウジ?


本数の多いものは、
"MIKADO"
として売られているのですが、
こちらは"MINI-MIKADO"。
20本程度のツマヨウジ?
が入っています。

遊び方は簡単。
ツマヨウジをまとめてもって、
スパゲッチーを鍋に入れるときの要領で、
パサっとテーブル上にはなしまして、
他のツマヨウジが動かないように、
一本づつ取っていき、
一番多く取った人が勝ち、
といったもの。

一番多く取った人が勝ちと
書きましたけど、
色によって点数が決まっていて、
その点数の合計が一番多い人が勝ち、
というのが本当のルール。

黄色のツマヨウジを「ミカド」と称して、
「ミカド」をとった人は、
「ミカド」を使ってツマヨウジを取ることができる、
というルールも書かれています。


場合によって
使い分ければよいと思いますけど、
これが単純なだけに、
盛り上がります!
はまってます。
先週末の実家にて。
ジジババ妹家族とともに、
ミカドで盛り上がり中…
各人性格出まくりです。
図はオトナゲない妹@ソコソコイイトシ

これはニキティキで購入しましたが、
通販でも購入できます。
ミニミカドならば、
1000円チョイ。
本数の多いミカドだと3000円弱。
ミニミカドで十分かと。

それと、ネフ社でもミカドが
リリースされてます。
とってもオサレな雰囲気なので、
まだ脂の抜け切らないアナタには、
ネフ社の方がよいかも。


ローカイ社のミニミカド
こちらなら通販で購入可能の模様。
家のと色が違います。

NAEF社のミカド
一応通販で購入できる模様。

naef社
何かとこちらの玩具が
増えるのです。

NIKI TIKI
通販はやっていませんが…
スポンサーサイト
コメント

"MIKADO"といえば

フランスではグリコのポッキーですが、
ドイツではおもちゃなんですねえ。おもしろい。
ポッキーからとったんでしょうか、形状からして。
でも特別な1本をミカドにするというオリジナルなルールはなかなか。

昨年まで想像力を要するシンプル玩具に全く興味を示さなかった息子(5歳)が
最近猛烈に食いつくようになりました。捨てないでよかった、レゴ、ゾノア、etc。
正月の団欒用にミカドも探してみますー。

★noaさま

そうそう、
フランスではそう呼ぶんだそうですね。
本当なんだ。

前からあるのに全く興味を示さないのに、
急に興味を示すことってありますよね。
不思議。
そんなときに、捨てないでよかった、
と思えるような玩具を置いときたいと思う、
この頃。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。