スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸千代紙。

キレイなのです。
ドン。
キツネか?
江戸折り紙というのか、
江戸千代紙というのか。。。


文様には全く詳しくありませんが、
江戸の各種文様をあしらった折り紙、
だそうです。
多少厚めの紙が使われているので、
折り紙に適しているかといえば、
適してません。。。

そんなの全く気にしない、
ギャル。
何をやっているんだか。
折って切って折りまくります。

文様はこれだけではなくって、
あらキレイ。
色々です。

これは江戸千代紙といわれるなかでも
廉価版とでもいいましょうか、
高いものはビックリするほど高いです。
柄や文様も複雑なものは
本当に複雑で、
迫力があります。
もはや、もったいなくて折れません。
すなわち、ギャルには渡せません。

鳩居堂で、
自由が丘デパート内の文房具屋では、
江戸おりがみとして、
売ってます。

鳩居堂

自由が丘デパート内「一貫堂」
スポンサーサイト
コメント

なつかし~

子供の頃、近所のお友達のお母さんが、千代紙のお人形を作るのが得意で、遊びに行くといつも教えてもらっていたこと、思い出しました。
なつかしいです~。
この色合いや模様は、今更変化するものではないのでしょうから当然ですが、私が使わせてもらっていたものとほぼ同じなのではないか・・・と思うのです。
いろんな色柄を組み合わせて、お人形の着物と帯を組み合わせるのが楽しかったんですよー。

★有閑マダムさま

こんばんは。
確かにこんな柄の折り紙だと、
着物と帯との組合せだとか、
楽しめそうですね。

ヤッコさんは何度か作ってみました。
ギャルにはどんな折り紙を使っても、
関係ない様子でしたけど。。。

あら

この文様、なつかしいです。
私が小さいときにもありましたから、・・・ン十年前ですか、
きっとそれよりもっと古くから伝わるものなのでしょうね。
たぶん、ギャルちゃんより少し大きくなってからだと思いますが、
このきれいな紙を使いたい、でも使えない
(自分が手を加えると美しくならないから)
というジレンマに陥ったことを覚えてます。

やみくもに折って切ってがお好きな頃でしょうから、
数回折って適当なかたちを切り抜いて、
開くとあら素敵♪
という遊びがお好きかもしれませんね。
家ではメイとそんな遊びに興じてます。
切ったものを台紙に貼って、綴じればギャルちゃんの作品集、
もちろん素敵インテリアにも☆

★ヨカさま

僕も遠い記憶にかすかに…

僕の場合、
キレイでもったいないから、使えない、
となるんですけどねぇ、
ギャルは思い切りよく、
バシバシと使い切ります。
ある意味、羨ましい。

折り紙を折って、
ハサミでチョキチョキ、
やりますよ。
作品は、ギャルがグルグルまるめちゃうんですけどね、いつも。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。