FC2ブログ

SAKURA SAKURA~白木秀雄


i-PODの興奮さめやらないわけですが、
ただ今SIGNEOに入れてヘビーローテーション中。

ゲテモノですか、アナタ?
SAKURA SAKURA。日野ちゃんも若い。


もう大好物です、こちらのアルバム。
白木秀雄のアルバム ”SAKURA SAKURA”。
これに収録される、”祭りの幻想”

このアルバム。
1965年に白木秀雄のグループが「ベルリン・ジャズ・フェスティバル」で
ベルリンに滞在したときに、ベルリンのスタジオで録音されたもの。
カッコ良い。
なので、ジャズお好きな方ならご存知な、
ドイツのSABA(というかMPSね)レーベルから発売されてます。

海外では、”HIDEO SHIRAKI and 3 KOTO-GIRLS”
という名前でリリースされてます。
“3 KOTO GIRLS”ですよ、アナタ。
いわゆる、ゲテモノ?
正直、当時はゲテモノ扱いされていたのかもしれませんね。

そんな扱いを吹っ飛ばす怪演です。
パーソネルもスゴイ。
日野晧正(tp)
村岡建(ts、ss、fl)
世良譲(p)
栗田八郎(b)のクインテットに、
3 KOTO GIRLS:野坂恵子、白根絹子、宮本幸子(琴)

日野晧正は、当時(確か68年位まで)白木バンドにいたんですね。
そして、世良譲。
かつてCMに出ていましたが、ただのCMオジサンではありません。

そして、3 KOTO GIRLS!
もちろん、名前はミンナ 「○○子」。
「子」がついてます。
やはり、女子の名前は「○○子」に限ります。
僕は「子」がつく名前が大好きです。
ちなみにヨメも「○○子」、ギャルも「○○子」です。
僕は「○○男」。。。
まるで昭和の家族のよう。

この「祭りの幻想」
もう、出だしからコシクダケです。
タマラン。
チントンテントンシャン~♪
と琴の音色が、ジャズフォーマットと不思議とマッチ。

琴の静かなオープニングから、
白木のドラムでドバァーっと。
斬新なフレーズの嵐。
そこからピアノのソロ。
新しい。
琴が日野ちゃんのソロよ来い来いとオネダリするとぉ~
日野ちゃんのソロが来た!
そして、白木秀雄の硬軟自在な熱いドラミング。

演奏を通じて、一本の糸が張り詰めてます。


ジャズと和楽器のコラボ。
最近では三味線だとかでもあるわけですけど。
当時は、そんな発想すらなかったはず。
異業種交流を最初に果たした白木はスゴイ。
モハメドアリと闘った猪木もスゴイ。

それゆえ、ゲテモノ・イロモノと見る向きもございます。
当然のことでしょう。
けど、ホルモンだろうと、ゲテモノだろうと、ウマイものはウマイ!
浅いか深いかといえば、浅めではありますが、
逆にそれが功を奏してます。
エンターテイメントとして、楽しみきることができます。

スイング感というのかグルーブというのか、
とにかくスゴイです。
ゾクゾクします。

何か分からないけど、その何かに向かってグループ全員が向かってる、
そんな迫力を感じます。←言い過ぎかも。

今年の初めに再販されたときは、本当にビックリしました。
ちなみに、1961年発売の「祭りの幻想」も再販されてます。
イカシテます。

こちらが、「祭りの幻想」の初演。
白根絹子が一人でお琴、頑張ってます。

視聴はこちら⇒
もうちょっと、ちゃんとした解説はこちら⇒

追記)
世良譲の出演していたCM。
昼ごはん食いながら、思い出しました。
めがねぇ~はぁ~ かぁ~おぉ~のぉ~ 一部ぅ~です、
だかぁ~らぁ~ 東京メガネ~♪
ではないでしょうか。
東京メガネ⇒
そして、そのCMソングを歌っているのは、こちらの方々。

諸説あるようです…

スポンサーサイト



コメント

へぇ~

アナタさんは○○男さんだったんですね!
私も子がつきます♪
でも、アキ子じゃないですよv-222
ちょっと主張してみたりして。。。

幅広い音楽の趣味をもっているんですね~。
尊敬です~。
上のジャケ写真の背中がアナタさんに見えてきました。
エッ、全然似てないですね^^;

シュールですね。アナタ様の雰囲気ぷんぷんの記事です。
このレコード凄い前のですね。私が生まれた頃ですよ。
凄い音楽に幅がありますね。どうやって知るのでしょう?
ちなみに↓のI potですが 私意外の家族は子供は、ナノです。
主人はその上の黒いので重たいやつです。持ち歩きには重たそうです。

名前は 私も〇子です。
この年代は女子はとっても多いです。
私は 子が付かない名前が良かったのですが 今になると 子が付く方が いいなって思ってます。

ほぉ~

アナタさん=○○男
結びつかない…。彫りが深くて?メガネ男子に続く衝撃!
私は子がつきません~。これも年代?でも古風な名前は好きです♪

それにしても、アナタさんのテリトリーの広さにビックリ!ゲテモノ好きです、ウプ。

そういえば・・・

白木さんって、今もご健在なんですか?
世良さんといえば、「サウンド・イン・S」を思い出します。 ナツカシー♪
ところで、このアルバムはリアルでお聴きだったのでしょうか? 気になります。

何となく、「ヒデ男」っていうイメージなんですが、合ってます?

この凄いアルバム・・・

全く知りませんでした(笑)。
Horace SilverのThe Tokyo Bluesも真っ青ですね。
007は2度死ぬに影響を与えたのではないでしょうか?

★アキさん

とりあえず、「アキ男」じゃなくてよかったです。
結構いるようで、あんまりいない「◎◎男」…

ジャケの写真ですけどね。
あれを、床屋に4ヶ月位行かずに髪ボーボー
そんな感じにすると肉薄です。
床屋に行きたいんです…

★ななこさま

好きな人のアルバムを聴いて、
そのアルバムに参加してる人のを聴いて、、、
ってやってるうちに、広がってきたかもしれません。
どこまで広がるのでしょうか。。。
部屋1つは、CDで潰れる勢い。

というわけで、i-PODはスゴイですよね。
自分用には黒くて重たいやつにしたいです。

★star-mm子さま。

えぇ?
どうみても◎◎男でしょ。

でも、◎◎男って、中途半端な古風さですよねぇ~
どうせなら、◎◎左衛門、◎◎麻呂、太郎乃助、とか?

僕、食い物のゲテモノはダメ。
恐らく、アフリカの真ん中に放り出されたら、一番早く死ぬと思う。

★Nobさま

白木さん、30年前にお亡くなりになりました。
39歳だったそうです。
ブルーコメッツに参加していたと書かれているところもありますが。
そうなのでしょうか?

「ヒデ男」
これまたイブシ銀ですねぇ~…
もうチョイ、若々スィ~名前です。エヘ

★kazuさま

恐らくですが、、、
知らなくて良いと思いますー
ホレスシルバー真っ青ですけど、
個人的には
アートブレイキーのUGETSUもオススメしたいと。

それと、007。
冷静に見ると、大分オカシイですよね…
トヨタ2000とか、随所にカッコよさは見せてますけど。

ヒデ男より若々しいというと・・・

うーんと、アキ男とかサダ男とかヤス男とかマス男とか・・・
だんだんどれがもうちょっと若々しいのか若々しくないのか、わからなくなってきました。

和楽器とジャズj! そういう組み合わせもあり得るんですか。 私、こういう挑戦的なのにはついついフラフラと寄っていくタチなんですよね~。 視聴してみます!

★有閑マダムさま

ハズレー

恐らく当たらないです。
結構珍しい名前ですから。

あ、でもヨメの話によると、バスの運転手で二人も見たことあるそうで。。。
「アナタの天職はバスの運転手」と二言目には言いますね…
スゴイことなんです。
同じ名前って、見かけることないですから。

この手の音楽、マダムさんの嗜好に合うと思いますよ。
なんなりと。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する