スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動開閉レンズキャップLC-1/RICOH

実は、
これがGX100購入のキッカケ、
だったりして…
ドン。
なんとなく精悍になりました?
自動開閉レンズキャップLC-1。
やはり、
着脱式のレンズキャップは、
邪魔以外のナニモノでもなく。。。


最近発売された、
GX100の後継機種(で良いんですよね?)、
GX200用のレンズキャップなんですが、
ついでに?
GX100にも装着可能。

これまでGX100をヒッソリと候補にあげつつ、
実は着脱式レンズキャップであることが
一番の懸念事項だったという、、、

自動開閉レンズキャップなんていうと、
難しいもの想像しがちですけど、
構造とかチャッチイんです。
チープなプラスチック製で、
質感もヘッタクレもありません。
しかも、
よくよく見れば、
1mm弱の隙間もあります…
大量生産の都合上の
アローワンスといったとこでしょうか。

このカメラ、
スイッチを入れると、
レンズがズズズとせり出しまして、
それと同時に、
レンズキャップが開きます。
ほほぉ。
これ、開いたところ。

横から。
ほほぉ。
開いたところ。
ははぁ。

とにかく、
隙間があいているので、
気休めといえば気休めですが、
大きな損傷は防ぐことができます。
この安心感は大きいです。
そして、
外した着脱式のキャップが
ブラブラしているストレスから解消されるのは、
とってもうれしい。

しかし、
チープな材質といい、
チープな質感といい、
もう少しどうにかならなかったのか…
と思うこともあったりしますが、
この自動開閉レンズキャップの登場を、
素直に喜びたいと思います。
バンザ~イ。


レンズキャップLC-1
スポンサーサイト
コメント

そうそう

これいいですよね。ブイーンって初めて観たとき
びっくりしました。なんかかっこいいなーって。
私も余裕ができたらコンデジのひとつでも買いたいナ、なんていいながら自転車も欲しいし。。。
気に入ったものを一つづつ買い足す生活、
いいですね。

★へびこさま

カッコ良いといってくれるヘビ子さんて素敵。

まずは自転車やね。
楽しそう。
プジョーがなくなった今となっては、
ビアンキのフレッタベーシックも良いわ。
家とかね、
無粋にもヨメが電動自転車を購入したおかげで、
もうどうにもなりませんわ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。