スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHEEZA~チェダーチーズ/グリコ

アナタ、、、
アナタはチーズになりたいのですか。
ドン。
チーザ。
CHEEZAと書いて、チーザとよむ。
チェダーチーズ52%(生換算)

相当前から、
「好みじゃなさそうですね。」
と指摘されとりましたが、、、

長いです…

HPによれば、
チーズ味のスナックで、
これだけチーズを含むものは、
未だかつてないのだそうで…

そんな画期的とも思えるチーザ、
ではありますが、
どうも一抹の寂しさを感じる、
と思うのはアナタだけでしょうか。

「早く人間になりたぁ~い。」
と言ったのは、
妖怪人間ベムベラベロですが、
こやつらには、
「人間になりたい。」
という明確なビジョンがあったわけです。

ところが、チーザ。
「早くチーズになりたぁ~い。」のか、
「早くチーズ系菓子になりたぁ~い。」のか、
チーザの気持ちが今ひとつ分かりません。
ひょっとして、
「唯一無二、私はチーザになりたいのである。」
ということなのかもしれません。

いや、袋の裏には、
「まるでチーズを焼いたよう!」
と書いてあるように、
チーズになりたいのでしょう。?

だったらチーズを焼けばよろしい、
と思うわけですが、
「それでは、あのパリパリ感はでない。」
「焼いたらチーズがフライパンについちゃう。」
そもそも、
「(こちとらトットと飲みたいのに)実際に焼くのは面倒。」
といった皆様に、
予め気を回して頂いた、
ということでしょうか。

チーズ系お菓子の醍醐味とは、
明示的に、かつ暗示的に、
“LESS CHEESE, MORE CHEESE-TASTE!”
「チーズをできるだけ使うことなく、いかにチーズの味を出すか。」
といっても過言ではありません。

それに真っ向から逆行するチーザ。
ある意味、
元来チーズ系お菓子が持つ自己矛盾を、
改めてここで浮き彫りにした、
あるいは、
成熟したチーズ系お菓子業界に
一石を投じたといえば、
投じたわけですが。

そもそも、
チーズ系菓子とみるから
オカシイことになるのであって、
「酒のオツマミで、
なんだか良く分からないけど
濃厚なもの。」

とみれば、
シックリきます。


しかし、このチーザ。
上述したように「予め気を回して頂いた。」
と勘ぐってしまうせいからか、
昨今のプレミア商品といった、
綿密なるマーケティングから導かれうる回答、
のように思えてならないからか、
そんな気持ちが邪魔をして、
ググッと迫りくるものが感じられません。

やはり、食といえば
三大欲望の一つ。
机上の理論ではないところの、
本能的にググッとくる回答があって然るべきかな、
とも思うのです。

商品化にむけて、
並々ならぬ努力があったことは、
感じ入るわけですが、
その努力が、
もう少し、
うまい棒的、そして、うまい輪的、
不真面目感に向いていればと。

しかし、
熱い気持ちを持った
グリコチーザ開発陣であれば、
次にはきっと何かをやってくれるはず。
期待しています。

販売当初は、サンクスでしか見かけず、
しかも売切れ期間がソコソコありましたので、
多少の市場的枯渇感(アナタ的枯渇感ともいう)は
演出されましたが、
近頃では、
近所のスーパーでも相当数を見かけるようになりました。

などと、
ついつい熱く語ってしまいがちではありますが、
チーズ系菓子としてみなければ、
美味しい食い物です。
めんたいマヨネーズをつけつつ食うと、
さらに美味しいです。

でも。
パルメザンチーズ(粉チーズ)でも、
チーザの代役は果たせるわけで、
そう、
チーザがなくっちゃイヤ、
にはなれないのです。


CHEEZA
開発の方々の熱い気持ち、
シッカト受け止めました。
スポンサーサイト
コメント

あ、これ、これ~

先日、数人で居酒屋に行った時、
友達がカバンの中から出して皿に並べ始めました(汗) 
美味しいよ~! 
と言っていましたが、普通だった気が・・・
私にとってチーズ味のお菓子といえば、何と言ってもカールでございます♪

すごい分析!

その分析力、私も欲しい。

一時期よく食べてました。
酒呑みにはかなり素敵なお菓子ですけどね・・・。
でもホントはチーズが食べたいな、結局のところ。

むむぅ

アナタさんともなると、ここまでアツイ気持ちを持って語れるのですね。私もチーザに関してはブログっちゃお!と思ってましたが、辞めますです。
存在は気づいていたのですが、試したことがなかった先日、「ほぼ日」でイトイさん(糸井重里)が勧めていたので、「イトイさんの勧める菓子に間違いなし!」(←以前のしイカで経験済み)とばかりに購入。
私的には、普通に美味しかったです。

枯渇感をあおる戦略でなく、マーケ的に失敗してホントに在庫薄だったとの記事、先日日経MJに出てました。

と、長々と書きましたが、私的にはチェダーは特にリピ買い必至です、ってことで~

★Nobさま

そ、そ、それって…
いわゆる持ち込みでしょうか~
お隣にNobさまがドッシリと構えられては、
店の方も、気がついてもシランプリ、
だったのでしょうね…
オカワイソウ。

ということで、
カールチーズ味で
意見の一致をみましたね。

★star-mmさま

分析というよりは、
ジジの多少劇画チックなツブヤキ、
でしょうかね。

結局はチーズを食べたいな。
意見の一致をみましたね。

★Eikoさま

個人的に糸井重里に興味はありませんが、
奥様の樋口可南子さんには興味津々。
熊本の某ラーメン屋にて、
樋口さんが座ったとされる席に座り、
ラーメンを食い、ご満悦のアナタです…

チーザのプレミア商品的な開発は、
綿密のようにみえましたが、
マーケ的に失敗したんですね…

> 私的には、普通に美味しかったです。
意見の一致をみましたね。エヘ

コレ

アナタさんの記事で見て、
たまたまそのすぐ後くらいに
スーパーでみかけたので
買ってみました。。

すごいチーズ。

スナックでなくても…、と思うくらい
チーズ味でした。
この味、香りには覚えがあるぞ…と
思ったら、
チーズフォンデュとやって、鍋の真ん中に
チーズが焦げ付いたあの部分の味でした^^/


買わなきゃ

このまっ黄色なの好みかもしれないv-22
しかもお気に入りのグリコ製品!!
いかなきゃ~情報アリガトゴザイマス。

★gosfordさま

そうそう、すごいチーズ。
チーズを使ってない残りの部分が、
チーズの味をより濃くするナンチャラエキスが
ワンサカ入ってるんだか入ってないんだか。

チーズフォンデュの底、
すべてキレイに食い尽くしたくなりますよね。
というか、そっちの方に時間かけますよね。?

★amethystさま

実際には、それほど黄色くはないですけど。
というか、くすんだオレンジですね。

グリコといえば、パピコ。
他人のパピコを盗み食いしようとして、
あの先っちょを噛み切ろうとして前歯折った、
って同級生がおりまして、
それ以来、「パピコ」と呼ばれていました。。。
ちなみに大学一年の時のことなんですけどね。
その後6年間、彼はパピコと呼ばれつづけました。ンププ

これは!

ますけもきになっていた商品。チーズが大好きなますけなので食べるのがたのしみです。まだ買っただけで食べてないんです…
くろいほう。

★ますけさま

おぉ、一度食った方が良いな。
黒い方は、ちょっと微妙だったように思われますが、
そんなことも、食わないことには分かりませんから、
いっといて下さい。

うめぇ~

チーザサイコーです美味すぎ

チーズさま

はじめまして。
チェダーもいいけど、
カマンベールもね。
案外健闘してます、カマンベール。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。