スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都ラムネ/伊藤軒

ただいまギャルはコレにゾッコン。
ドン。
おいしい。
都ラムネ。
京都は伊藤軒のもの。
シュワ~と溶けて、
オイシイ~



たかがラムネ、
されどラムネ。

ラムネにも色々ありまして、、、

先日エントリしたMUJIのラムネを
ご贔屓にしていたアナタ家ですが、
最近、都ラムネが急上昇中。

先週末、近所のスーパーが
月に一度のバーゲン。
アナタ家はたいてい欠かさず行くのです。
で、先週末はギャルを連れて行ってきまして、
ギャルはお菓子売場をウロウロ~と。
程なく、
「◎◎~、◎×△><♪£б!!!」
言葉にならない言葉を発して、
こちらに来るではないですか。
袋を一つつかみながら…
それが、都ラムネ。

ギャルが発見しました!
そしてギャル。
相当嬉しかった模様。

いや、僕も嬉しい。

レジでは、
「これ、くぅ~だぁ~さいっ。」
「あっあっあっあっ。」

レジのオネーサンがシールを貼って
「どうぞ。」
と渡してくれると、
「ショウショウショウショウ。ありがとっ。」

帰り道には、
「コレ、ギャルが見つけたよねぇ~」
「コレ、ギャルのだよねぇ~」
「一つ、あげるね。ギャルのだけど。」

「はいはい、ギャルのだからな。」

で、お味ですが。
これが、ストレートなお味。
フルーツの風味付けがなくて、
雑味のないお味。
コレがとっても新鮮です。

MUJIに比べて、
多少柔らかめ。
包んだ状態で、角が多少欠ける程度、
といえばよいでしょうか。
この部分を犠牲にした代わりに、
口どけの良さを確保しております。
シュワ~っと。
それはシュワ~っと、口どけします。
素晴らしい。

フルーツ風味(人工的な味)がなく、
非常に食後感が爽やかです。
アナタ的には、
MUJIとコイツとを、
交互に食して楽しみたい。


伊藤軒といえば、
栗しぼりなど、
懐かしいお菓子シリーズ?
に名作が多いのですが、
というか、それしか知りませんでしたが、
HPを見ると、各種和菓子を作っているようです。

創業 元治元年。
って、何年だ?
京都にある老舗お菓子屋?の
ラムネでした。

伊藤軒 月待庵として、
京都の東九条にお店も
出しているようです。


京の手仕事 伊藤軒
通信販売やってます。
興味のある方はどうぞ。

スポンサーサイト
コメント

なるほど・・・

こんな格調高い店が出しているラムネがあろうとは! 
しかも、それを売っているスーパーがご近所に・・・
羨ましい限りでございます。
多分、あの通りのあの店ですね(笑)
それにしても、さすがアナタさまのお子様。
こんな若いうちから見る目をお持ちですね~
しかし、厳しい世の中を生き抜く為には、駄菓子屋版の色鮮やかなお菓子を食する事も必要でございますよ。

可愛すぎます

もうギャルちゃん可愛いですね~~。
店員だったら絶対にきゃ~~と言ってました^^
ラムネ美味しいですよね~~。
あの口どけ(><)
久しぶりにいただきたいわ。
サモンも早くしゃべってほしい・・・

★Nobさま

そうそう、あの通りのあのスーパーです。
僕の場合、中学になるまで駄菓子の類を食わせてもらえず、デビューが遅かったんですけどね。。。
こういうのって、デビューが遅ければ遅いほど、ドツボにはまりますよね。
気をつけよう。
早くデビューさせよう。

★いとよんさま

しゃべるのは、まだまだ先ですよねぇ~
楽しみ沢山ありますね。

でも、アゥッアゥッとか、
泣いてるだけでも、
何を言ってるのか分かってくる気がしますよね。
あれは不思議だ。
今やれといわれても、もうできないかも。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。