FC2ブログ

buriniのシャツ。

スーツの秋。
チョイとスーツ寄りのエントリを。
一番気に入ってるシャツといえば、
これかもしれません。
ドン。
深淵。
buriniのシャツ。
セミワイド。
ポケットなし。
前たてあり。
背中にダーツ二本。
細かいチェックの柄が好き。


buriniといえば、
かなり前のことになりますが、
BRIONI傘下に入った
シャツ専門メーカー。

このシャツ。
マシンメイドです。
前出FRAYのシャツ⇒
とともに、ハンドメイドから
離れるキッカケとなったシャツです。

スゴイです。
FRAYのシャツよりも、作りは丁寧だと思います。
FRAYは大分値上がりしてしまったので、
buriniと値段は余り変わらなくなってますが。

もう、縫製とか、
ピシ~っと。
それはもうピシ~っと。
カフス部分なんて、
内側0.5mm位のところを、
ビシ~っと一直線!
スゴイ。

ズレテマス。
袖付けは、もちろん後付け。
縫い目がズレてます。
よって、スーツの中でゴワツクことがありません。
何かの時に書いたかもしれませんが、
ここがズレてれば、
悪いシャツは無いと思います。
他の部分の作りも良いです。

ちなみに、ORIAN、ギローバー、
あたりではそういうつくりにはなってません。
ORIANの生地は良いと思います。
値段とのバランスが余り良くないように思いますけど。

お上品。
ボタンは厚さ2mmの貝ボタン。
開け閉めしやすいように、
カットされてます。
もちろん、色目は合ったものが使われてます。

と、スンバらしいシャツなのですが、
エリがいかにも立派とか、
ボタンが4mmでブアツイとか、
そういう分かりやすいアイコンが、
全くありません。
かといって、FRAYほど有名になりきれず…
(いわゆるセレクトショップで扱われず…?)

そんなburiniは、
ヒッソリと片隅に咲くアダバナとして、
少なくてもよいので、
日本国内で流通してほしいです。
できれば、ブルー系。

ちなみに、
ブリーニとブリオーニとの合併に異を唱えた方々が
立ち上げたメーカーが、
Eugenio-b(ユージニオ ビーだっけか?)。
こちらの方は、
一時期BARNEY’Sのダブルネームで見かけましたが、
最近、とんと見ません。
HPもないようで、
何が何だか全く良く分かりません。

最近見ません、といっても、
お店に行かなくなってしまっただけで、
実際には、売ってるかもしれません。
驚愕の値付けがされておりましたが、
売れていたのでしょうか…
ユージニオb。
後にも先にも一枚だけ、持ってます。
これは、別の機会にしときまして。


burini。
今現在、売ってる店はどこでしょう。
銀座、横浜元町、
あたりでしょうか。
いや、最近いずれも行ってないので
分かりません。

僕は、銀座で購入しました。
何か購入しようというときは、
購入してもしなくても、
一度は見ておきます、
銀座のアソコのお店。

burini

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する