スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRED PERRY/made in England

こちらも懐かしい人にはタマランかと。
いや、タマランのは僕。
ドン。
渋いです。
FRED PERRYのポロシャツ。
黒無地にくすんだゴールドの月桂冠。
渋い!
で、イギリス製。
近頃、元STYLE COUNSILというのか、
元The JamのPAUL WELLERモノ、
はたまたCOMME des GARCONの
Junya Watanabeとのコラボモノ、
どちらかというと、モード寄りな展開を
みせてます、フレペです。

2~3年前?
銀座のBARNEY’Sで
すんごく久しぶりに
フレッドペリーを見てビックリ、
値段を見てビックリ、
バーニーズで売られていたことにビックリ、
だったわけですが。
中国製並行輸入物の騒動で?
しばらく日本では見かけませんでしたよね。

一時期、
といっても15年前位前の話ですが…
フレッドペリーって大ブレークしてましたよね。
個人的には、
白地にネイビーな月桂冠がワンポイントなヤツ。
何枚着古したか分かりません。
これまたテニス用、
その延長上で普段着として。

イギリス製のフレッドペリーは、
テニスショップにはあまり売ってなくて、
普通に街の服屋で、
4000円前後で売られてました。
テニスショップではヒットユニオンによる
日本製が大展開されてました。

当時といえば、
ラルフローレンのは食傷気味、
ラコステも食傷気味(チョイ高いし)、
別の何かがないかとミンナ?
が思っていた時代に現れたのが、
フレペ、という認識なんですが。

ポロやラコステにはない、
何となく緩いのに、何となくシッカリした
絶妙な雰囲気があったように思います。
サイジングが日本人に合っていたのかもしれません。


復活後は、もっぱらモード系に寄った展開。
エリと袖に縁取りがあったり、
縁取りのラインが三色だったりと。
そんな感じのモノが多いですよね。

もはや、無地に月桂冠、
みたいなブツはトンと
お目にかかれなくなりました。
ヒットユニオン社が展開するモノも、
そんな感じですわな。
元々、ラインを入れたのはフレペが最初、
そんなところの呪縛があるのかないのか。
無地の方がイレギュラーということなのか…

そんななか、かなり新鮮に写る、
黒地に月桂冠のみな、
フレペのポロ。
今年は結構着たいなと、
思ってます。
というか、今日も着てます。

趣深いタグでございます。
タグが渋すぎ。

タグがエリ部分に縫われているんですよね。
で、エリの幅がタグの縫いつけ部分が
一番長くなるようになってまして。
コレが、結構絶妙だったりします。

月桂冠。

くすんだゴールドが渋すぎる。


FRED PERRY日本公式サイト
いつの間に…
今もヒットユニオン社が頑張っています。


並行輸入といえば、なフレッドペリー事件。
このゴタゴタでしばらく市場から姿を
消したとすれば、たかが並行輸入、されど並行輸入と。
基本的に、並行輸入は認められていますけどね。

日本にてフレペのライセンスを一手にもつ、
というかフレッドペリー本社・関連会社を買収した
ヒットユニオン社と、
契約外の中国工場で生産されたものを輸入販売した
業者との争い。
輸入業者が輸入したブツは、
買収前にフレッドペリー社と正式に
ライセンス契約をしていたオシア社が、
契約外の中国工場で生産させたもの。

日本の商標権者であるヒットユニオンによる
品質管理が十分にできない製品の輸入は、
真正商品の並行輸入とはいえない、
という最高裁の判事で、
めでたくヒットユニオン勝訴というフレペ事件。
商標管理は、いずれの企業もタイヘンですわ。
…「ジュリスト」よりかいつまんで。

というわけで、10年位前のフレペで中国製であれば、
それは問題となった記念の一品。
タンスを探してみましょうぞ。

スポンサーサイト
コメント

そう、そうこれ!

G5801のホワイト、水色と紺のライン、この感じ。好きでした。
もちろん、スコートは白。
思えば、中学生の時(軟式庭球)からのスタイル。

 今、全英大会中ですが、白のユニフォームが緑の芝に映えて(雨も多いですが)素敵です。

もちろん、この、黒も素敵ですが・・・。
個人的にはこの襟が好きです。
ほんと、英国的。

あの、対マッケンロー戦の時のコナーズのユニフォームはセ(チェ?)ルッティのシンプルなもの。カッコよかった~e-277

凄い。。。

お母様の保管の仕方が、すばらしいんですね!ソフランの匂いがしそう・・・。色あせ具合も、男子~って感じでいいです。
安さで、白、着てました。恥ずかしながら襟が立たな~い!ってラルフに乗り換えましたが・・・。くぅ~恥ずかしい。
それにしても、今のモード?フレぺの値段設定はどこからきてるんでしょうね?最近の不思議ランキング上位です。

★もぐさま

そうそう。
ウィンブルドン週間ですね。

やっぱりテニスには白ですよね。
けど、残念ながら白のフレペは全て黄色になりました…ウゲゲ

今ちょっとテレビつけてるんですけど、
ウィンブルドンは襟なしでも良くなったのでしょうか。

チェルッティ1881。
最初に買ったアップがチェルッティの白、でした。
大会用で白、だったんですけどね。
チェルッティー、タッキー二も好きでした。
タッキー二の赤のポロシャツってのも持ってたんですけどねぇ~
もう一度発掘してこようっと。

★hi-lionさま

フレペって、10回位ガッツリと洗濯した後が、美味しいって思ってました。
鹿の子生地の目が粗めに出来てるから、
ヘニョリ具合がとっても良かったような。

僕は、白地にネイビーの月桂冠な色合いが
ドンピシャだったので、
かなり愛用してました。
逆に、この黒のフレペって一枚しか買ったことなくって、それが今に至ると。

確かに今のフレペはけた違いますよね…
でも、かつてを知らない人には、案外と受け入れられるのかも。
ギャルソンものもあるので、イメージ的には良くなってますし。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。