スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M576P / NEW BALANCE。

M1300J以降。
著しいニューバランス熱波がアナタを急襲中。
ドン。
色といい、形状といい。。。タマランですね。
ニューバランス M576P(パープル)。
アメリカ製。
オールレザーなM576です。


続きを読む »

スポンサーサイト

京セラサービスステーション。。。

あまり、行きたいという場所でもないんです。
ドン。
地味すぎる…

京セラサービスステーション。

続きを読む »

M576C / NEW BALANCE。

M1300Jを購入した一昨年から、
ニューバランス熱波にうなされ中。
地球もアナタも温暖化
ドン。
結構色っぽいんです。
ニューバランス M576C(チョコレートブラウン)。
アメリカ製。
オールレザーなM576です。


続きを読む »

OIL & GREASE / MICHELIN

CDとかでは、良くジャケ買したりするわけですが、
こんなものをジャケ買してみました。
ドン。
一時期、ギャルがビバンダムに似てました。

MICHELINのオイルとグリース。

久しぶりな、自転車関連です。
ガンガン乗ってますよ、自転車。

続きを読む »

マイタックラベル/ニチバン

ギャル。
最近のブームは、お絵描き。
近頃、ヨメと僕は、ギャルのことを「画伯」と呼んでいるわけです。
そんな画伯に買ってあげたもの。
ドン。
ペロペロペロ~

ニチバンのマイタックラベル。

OFFICE DEPOTとかで普通に売ってるシール。
ラベル用に使ったりするのが一般的かと。

そんなマイタックラベルなんですが、
赤・白・青・黄・緑。
職場で使っているときには気が付きませんでしたが、
色目が優しくて、結構良い感じなんですよね。

しかし、コドモってシールが好きですよね。
なんででしょうね。
もう、あちこちに貼っては剥がして、
ギャルは、スンゴク楽しそうです。

画伯、飽きましたか?
自分で絵?を描いて、そこにペタペタ貼ったりもしてます。
シール自体に柄がないのが、
そんなギャル画伯の創作意欲を増しているように見えます。

と、ニチバンのマイタックラベルですが、
思わぬ使い方を見つけてしまいました。
一つお願いを。
ニチバンさん。
色バリを増やして下さい。
ヨロピコ。


ニチバン
充実のラインナップですよ、アナタ…
ニチバン企画者の熱き思いがビシビシ伝わってきます。

ニチバン。
身の回りを見渡せば、どこかに一つはある、ニチバン製品。
マイタックラベルもそうですけど、インデックス用ラベルとか。

あとは、学生時代はテーピングテープでしょうか。
テニスやってたもので。
グリッとかベコッとかグキッとか。。。
生傷絶えませんでした。

仕事だとか、痛いこととか、
そんなことを思い出させるブツが多いので、遠ざけたいですが…
見直したいメーカーの一つです。

豆大福/つ久し@都立大

クリームアンミツよりアンミツ、
アンミツよりもミツマメ、
原則、マメが苦手な僕。
いや、出されれば食べますけど。

ドン。
おいしーの。

つ久し の豆大福です。
結構な有名店ではあります。

これがですね、非常に美味しいんです。
あまりにマメマメしたモノは苦手なんですが、
マメが多くないのが良い。
マメとアンの適度なバランスが◎!

入ってるマメも、美味しいです。
丹波黒豆を使用。
そう。
高級な丹波黒豆を使っているので、マメが少ないということで。
マメ苦手な僕にとっては、願ってもないことです。
でも、黒豆だったら幾ら入ってても良いのかも~

お値段5個入りで850円だったか。。。
いや、6個入りで850円?
記憶定かではないですが、これ位です。


場所は都立大学駅から徒歩10分弱。
都立大学の改札を出て、左に進みまして、
目黒通りを越えてから坂道を登った一番上。
めぐろ区民キャンパスを越えた角にあります。

土曜日午前中。
店内にはお客はいませんでしたが、黒豆大福は最後の一パックでした。
場所的には、便利という訳ではないのですが…
侮れません。

それと、僕は自転車で買いに行くわけですが、
店舗脇の道を通ると、マメを煮込む良いぃ~香りが致します。

思えばコドモの頃に食った覚えがあります。
しばらくブランクがあったのですが、
最近になって再びボチボチと伺うようになったお店です。


つ久し
東京都目黒区八雲4-5-6
電話:03(3724)0294

通販不可です。。。

入れ子の積み木 / ドイツ SINA社

最近、ギャル的にはブームです。
1年近く前に購入したものなのですが…
ドン。
発色がキレイ。
ドイツSINA社の入れ子の積み木。
積み木といっても、いわゆる積み木とはチョイ違います。
もちろん、積むこともできますが。
入れ子な状態になっているんです。

まぁ、何をしても良いわけです。
積み木としては、普通の積み木よりも大きいので、本当の幼児から遊べます。
入れ子になっているので、順々に入れて遊ぶこともできます。
で、案外とタイトできているんですね。
なので、入れると空気がシュワって出る感じが、結構嬉しいです。
他にも、ビー玉とか、小物を移し替えて遊ぶことも出来ます

ギャルが1歳の誕生日に購入したものです。
当初は、たたいたり、はらったり、そんな感じでした。
いや、食うものではないでちゅよ~
…食ってるよぉ~
でも、髪の毛がホワホワ時代。
時間の流れを感じます。
まだ、たったの10ヶ月前だわ~

1歳10ヶ月になった最近では、
バラバラにした後、入れて遊んでます。
こちらは最近。フテブテしく…
大分フテブテしくなりました…

この玩具。
「年齢に応じた遊び方ができて、年齢なりの創造力を育てることができる」
ってこと、だそうですが、まさにそういう感じです。
ドイツ優良玩具審議会推薦玩具に認定されています。


家のソコソコ近所に、女子校がありまして。
一部を児童館のように開放しているんです。
そこに沢山木製のオモチャが置いてあるんです。
なので、ギャルの食い付きの良いオモチャを物色することができるんです。
で、食いつきのようオモチャを購入すると。
便利です。

そこに置かれるオモチャは、EDU-TOYと呼ばれるものばかり。
頼まなくても「保護者様」宛にDMが送られてくるベネッセ関連商品、
何故か一つもありません。
ケンカでもしたのでしょうか。

木製の素朴な玩具ばかりです。
しかも、カラーリングがとっても良いです☆。
そんな玩具は、当然、無垢材です。


この積み木。
しっかり組まれて作られています。
ただの子供用オモチャではありませぬ。
くすぐられます。
現在は、ギャルもくすぐられてます。

恐らくは、その内、飽きるのでしょうけれど。。。
家のインテリアというか置物というかオブジェにもなります。
こんな感じでおいとけます。
あぁ~、よかった。

フタコの高島屋で購入しましたが、ネットでも購入できます。

今日は画像リッチでお送りしてみました。


ドイツのジーナ社は、こんな感じ。⇒

WINTER IN AMERICA / GIL SCOTT HERON ~ i-PODようやく曲を入れました。

難航していたi-PODへの曲入れですが、、、
i-PODを購入して3週間でようやく曲を入れますた。
3週間もたってしまいました。
ドン。
ようやくですよ、アナタ。



遅いって

取急ぎ入れたのは、
”WINTER IN AMERICA” / GIL SCOTT HERON (1973)
チョイとおかしなジャズ系コレクションといえばな、STRATA-EAST盤です。

アメリカには冬の時代しかない、
そんなメッセージがこめられた硬派な一枚。

大好物。
出だしのフェンダーローズからスゴイ。
ちょっと左右にふりすぎですけど。
カッコイイ!

アパルトヘイト、人種問題、エネルギー、貧困。
そんなゴツイ政治的メッセージを盛り込んだ歌詞。
そのフォーマットは時代によりそいつつ、硬派にザックザックといきます。
今聴いても、全く古くないフォーマット。
というよりも、新鮮。
発売されて30年超。
そのどの時代にあっても色あせない新鮮さがありまする。
カッコイイ~
シブイ。
熱いポエトリー・リーディングもタマラン。
今でいうラップでしょうかね。
ラップの元祖、なんて言う人もいます。
ライブの様子も聴けるのですが、聴衆との掛合の様子はR&B。
このアルバムを聴いていると、
音楽にカテゴリーを設けること自体が不毛な感じに思えます。

このアルバム、というかCDは再販モノ。
基本的にボーナストラックが増えるのは嫌いなのだけど、
このアルバムのボーナストラックは最高。
1982年、ワシントンDCのBLUES ALLEYでのライブなんですけど、
YOUR PAPA LOVES YOUからTHE BOTTLEに移行する瞬間。
うぅ~もうタマラン。
スンゴク良いです。

それと、アルバム名は"WINTER IN AMERICA"なのに、
オリジナル盤には収録されなかった"WINTER IN AMERICA"。
これのライブ録音がボーナストラックとして追加。
これが後のスタジオ録音よりも良い!
こんなボーナストラックなら許せます。
素晴らしい。


ちなみに、THE BOTTLE。
ジョー・バターンがカバーしてまして。こちらもタマラン。
それとポール・ウェラーのカバー、こちらもタマラン。
オリジナルには及びませんけど。


視聴もできます
WINTER IN AMERICA, SUMMER IN EUROPE
あわせて、こちらのライブ盤もカッチョいい~
ジョー・バターンのボトルはこちら
ま、微妙といえば、微妙なんですが…
こちらはポールウェラーの”THE BOTTLE”
完成度、高いです。

アナタのスーツ日記~チョッキがホスィのです。

おはようございます。
寒いですね。
僕、毎朝ギャルを保育園に自転車で連れて行くのですが、
この時期、スーツだったりすると、スースー風が入って
シビレルのです。
非常にシビレルのです。
ドン。
ふんわりと~

  コート:SARTORIA PARMAのチェスターコート
  マフラー:JOHNSTON’Sのカシミアマフラー

続きを読む »

無農薬米ひとめぼれ 「穂なみのうた」。

米好きな僕。
どれ位好きかというと、
餃子一個でご飯三杯、
カレーならスプーン一口でご飯三杯、
は食えます。

オカズ要らず、金要らず。
そこに米さえあれば良い。

そんなアナタの、近頃の米はこれ。
ドン。
おいしいんです。
無農薬米 ひとめぼれ 「穂なみのうた」。
ご存知、ひとめぼれなんですが、
「穂なみのうた」という
小野寺さんが作られた米。
知合いではないですが…

最近は、お米も生産者が分かるので安心です。
近所の米屋に配送してもらっているんですが、
この米屋。
街の米屋にしては、品揃えが豊富~

ヨメ的には出身山形県産のものが良いらしいのですが、
そのお店には売ってないらしく、  ンププ
第二の故郷? 宮城県産に。

家は五分づきにしてもらってます。
五分づきは、玄米の状態からヌカの50%をとったお米。
三分づきまでいってしまうと、水の調整が何となく難しいような。
でも、ヌカを全部とってしまうと栄養価が相対的に低い。
普段気軽に炊いたりできるギリギリで、栄養価が高いもの、
そんなこんなで、五分づきに落着いてます。

最近は、無農薬もそうですが、減農薬のものも出ています。
家は、五分づきで食べるので、無農薬にしているんです。
ギャルもいることですし。

BDシャツ / IKE BEHAR x DAN RIVER

なつかしー
ドン。
何ともいえない佇まい。

IKE BEHARのボタンダウンシャツ。
アイクベーハーといば、
アメリカのシャツメーカーで、
ラルフローレンの、
あのBDを作っていたメーカーとして有名。

ラルフローレンのBDが大ブレークしていた当時、
アイクベーハーも結構話題になってて、
胸のワンポイントもなく、
多少割安なこともあって、
アメ横行く度に、チェックしていたものでした。

続きを読む »

ARROW JACKET/HAGLOFS

こちらは去年、いや一昨年か。
購入したブツでございます。
ドン。
いやいや、シブイわ。
ホグロフスのアロージャケット。

素材は、GORE-TEXのベーシック素材(ゴアテックスで一番安いやつ)
そんな素材を使ったスタンダードモデル(一番安いアウター)です。

続きを読む »

2007 初詣。

今さらではありますが…
先週日曜日。
良い天気に恵まれました。
ドンと。
これ、絵馬。
今年も赤坂の日枝神社に行ってきました。
今年はイノシシですが、何故かサル。
日枝神社の神使が猿だといわれているのです。
日枝神社の拝殿の横には狛犬ではなく、猿が鎮座まします。
猿は、夫婦円満・子孫繁栄の神と崇められているんだそうです。
で、日枝神社はサルの絵馬、なのです。

当日、家族で「絵馬って何だろう。」
「願い事を書く木の札? で良いのかね?」
って話題になったのですが、絵馬の定義を誰も明確に答えられず…
気になったので、チョイと調べてみましたが、

絵馬って、
「祈願や報謝のために、社寺に奉納する絵の額。
生きた馬の代わりに絵に描いて奉納したのが始まり。」(大辞泉)
というモノなんですね。
お受験合格のために生きた馬を奉納してたら、モ~タイヘンですもんね。



赤坂の日枝神社といえば、こちら。
ドンと。
あぁ、キャピトル東急。
キャピトル東急ホテル。
先日、閉鎖しました。
初詣の後に、ここでオムライスと仔牛のカツレツを食うのが楽しみでしたけど。
チョイと古めな味のあるホテルだったと思うのですが…
残念です。

清水建設の看板が掲げられてますけど、
次は何ができるんでしょうね。
ホテルができるのであれば、ですけど。
家族でユッタリとできるチョイとダサメなホテルができてホスィ。
オサレすぎるホテルは疲れますから。

それと、今年の日枝神社はチョイとした異変がありました。
キャピトル東急ホテルが閉鎖したためか?
日枝神社の駐車場が混雑してました…
しかも、上の駐車場に行けなくなってるし。
で、カランカランするのに行列が~
並ばずに済んで、空いてて落ち着くから、日枝神社でお参りしてたのに…
何かあったんでしょうか。

キャピトル東急ホテルがそんなことになってしまい、
今年はこちらに行きました。
イヨっと。
風格を感じますなぁ~

こちらの看板でお馴染みなSATSUKI。
SATSUKIのビーフとキノコのピラフ、タマラン~
新年早々、ヤッシーを見てしまいました…

エルメといえば、年末にもSATSUKIで食べたんです!
そして、新年一発目のケーキもエルメ。
SATSUKIとエルメの関係が非常に気になるところですが、
今年はエルメにまみれたいと、このように思います。


日枝神社
巫女さん大募集です。
興味のある方はどうぞ!
キャピトル東急ホテル
ホテルニューオータニ SATSUKI ⇒

新年口上。

改めまして。
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


というわけで、今年も書初めしてました。
ドン。
微妙に筋肉痛ぅ~
一部ですけど。
調和体というやつでして、
漢字と仮名をあわせたもの。
漢字かな交じり、ということもあります。
大分、オールドファッションな感じですね…

寒いこの季節。
布団の中で寝ほうけてると、
諸々と煩悩が湧いてきて
良いことないし、
考えるのは程ほどに、行動しましょう。
平たく言うと、そんな感じの書です。


最近、あまり書く時間がなくて久しぶりに書きました。
条幅(大きい紙のことです)って、人それぞれなのでしょうけど、
僕は紙にまたがって、フンバッテ書くので、
ケツの筋肉が痛くなります…
書も体力使うんです。

僕の師匠さんは80歳超。
まだまだバリバリです。
「この間は、九段の玉泉堂に行ってきたのよ。」
「そうなんですか。それはお楽しみでしたね。」
「お一人で行かれたんですか?」

「違うのよ。KBさんとね。」
「えぇぇ。KBさんとですか。」
「そうなのよぉ~。KBさんも93歳でしょ~。一人じゃイヤだからって。」
「ホントは、私が連れて行ってもらいたいところだわぁ~ホッホッホ」
「アナタ君も、今度一緒にいらっしゃいな。」

みたいな。
この業界、80歳はまだまだヒヨッコです。?

条幅に書くような、この手のモノ。
床の間も無くなりつつある日本の家屋にあって、
全く流行りませんね。
書も日常に連動していることを痛感いたします。

職場にはボチボチと顔を出していたのですが、
今日が正式な仕事始めです。
今年の一年は、どんな一年になるのでしょうね。
では、よろしくお願いいたします。

KITZ PICHLERのスリッパ "HALL"

近頃富に冷え性な自分を痛感する日々。
で、買いました。
あったかぃ~
キッツピヒラーのスリッパ “HALL”。
キッツピヒラーは、オーストリアのウールメーカーとして有名なんだそうで。
そこのスリッパ。

ウール100%です。
ウール100%なんですが、チクチクしません。
カールした毛が使われているのですが、
ゴワゴワっというか、ザラッとした感じで、
いや、とっても気持ちがいいです。

甲の部分がカカトの方まで伸びているので、
パタパタすることがないですし、
脱げることもありません。
程よいウールの弾力で、履いてるときに、
脱げないように気を遣うとか、
そんなストレスは全くありません。

で、画像から伝わるかどうか微妙ですが、、、
靴の木型を使っているそうで、
カカトの方が若干細くなっているんです。
これがまた、気持ち良い~

微妙な感触がクセになります。
底は、ウールフェルトに天然ゴムを染み込ませた素材。
触ると不思議な感触ですが、
滑りにくくなってます。
全く滑らないと、逆に危ないのですが、適度です。
家の床は、全面コルク張りで、
フローリングより若干滑りやすいのですが、
快適です。

僕は、どちらかというと足が蒸れやすい方ですが、
カールしたウールでできているせいか、
足が汗ばむような不快感は全くありません。
かといって、寒いわけではなくて、とっても温かい。
適度に空気が流れているということなのでしょうか。

ほら、足が汗ばんだ後、外気に触れてヒンヤリィ~
な、不快感。
あれ、たまらなくイヤですよねぇ~
そんな不快感からもオサラバ。


年末年始の買い物で、一番良かったですわ、
こちらのスリッパ。

ちなみにオーストリア製。
珍しい。


ところで、スリッパとルーム・シューズ。
どこが違うのでしょうね。
気になってます。
少なくともスリッパって和製英語だと思うのですが…


輸入販売元はインテリア・ワタナベ
オリジナルもありますが、、、
渋すぎ…
本国HP
ドイツ語しか見れません。
ヤル気なさすぎ…

あけましておめでとうございます。

誰が頼んだわけではありませんが…
今年も勝手に年が明けました。
あけましておめでとうございます。
で、ドン。
ホレッ


なかなか皆様のところにご挨拶にいけなくて失礼しておりますが、
今年もよろしくおねがいいたします。

毎年、一~二種類の花を用意するのですが、
今年は二種類用意しました。
日によって置き場所を変えて、気分を変えたりします。

もう一つはこんな感じ~
ドリャッ

焼き物の普通の食器に剣山を使ってさしてみたもの。
菊って長持ちするんだそうですね。

もう着々とアナタ家緑化計画は進行中。

相変わらず自宅のネット環境は整っていないわけですが…
今年もボチボチと更新していく予定ですので、お付合い下さい。
ではまた~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。